スポンサードリンク

今回は左足下がりのライでのショットのコツを紹介します。

以前左足上がりのショットのコツを紹介しました。

 

左足下がりの場合は左足上がりと逆のことをする。

ゴルフはフラットなライはほとんどありません。

ティーショットはフラットですが、フェアウェイは完璧なフラットなライというのは少ないです。

微妙に左足あがりだったり下がりだったり、またはつま先上がりだったり下がりだったり・・・

色々あります。

 

でも、いずれのライにしてもそのライにできるだけ体のラインを平行にしてアドレスすることが基本となります。

なので左足下がりの状況では体重を左に寄せて左足上がりの時とは逆に左足のうち側あたりに重心が来るようにします。

なのでスイング軸は当然左足の内側あたりになります。

ここで一つ注意したいことですが、左寄りに重心を置いたらどうしても左腰が詰まりやすくなってしまいます。

こうなると大抵の人はボールを上げようと意識してしまう。

そのため、バックスイングでインサイドにひいてしまいその結果ボールの手前にクラブが入ってダフってしまうことがほとんどです。

 

左足下がりの場合はスライス気味のボールが出るのですが、逆にボールを上げたいと思ってダフったらひっかけてしまいます。なので、左足下がりのライでは左腰をいつもよりもやや左にオープン気味に構えることがポイントです。

ボールがスライス気味で右に曲がるのを想定しておかないといけません。

なので狙うターゲットに対してスタンスを左向きに取るようにしましょう。

そしてボール位置はスタンスの真ん中に置くことです。

そして下半身を安定させて気持ち的には椅子に座るぐらいの感覚でどっしりとしたアドレスを取ります。

どっしりとしたアドレスをとって腰を回しやすくすることです。

 

そして左腰をよりまわしやすくするためにやや開き気味にしてみましょう。

 

左足下がりのショットで一番やってはいけないことがボールを上げようと思って左腰が伸びあがってしまってしゃくり打ちになることですね。

こうなってしまったら正しいインパクトが出来ずにだいたいトップしたり手前でダフってしまいます。

ボールをしっかりつかまえることができなくなります。

 

左足下がりのライであっても傾斜なりにアドレスしてスイングすることが基本です。

そうすることで、ロフト通りにボールは上がってくれますので、自分で無理にボールを上げようなどと考える必要はないのです。

テークバックでクラブをスタンスと平行に上げるように心がけることがポイントです。

オープンに構えているので必然的にややアップライト気味になると思います。

そこからボールを上げたいとか無理にクラブを前に出そうなどと思わずに、左寄りの軸を意識して左脇に緊張感を持たせながらフォローを低く出すことです。

 

100パーセントの力でスイングするのではなくて、だいたい70パーセントぐらいの力でスイングしてみましょう。

スリークオーターぐらいの意識でスイングすることがコツです。

 

これができたら、上から下りてきてボールに対してカット気味に入るのでしっかりボールをとらえるとフェード軌道のボールが出ます。

 

この時に左腰を少しオープンにしておくことで腰が詰まることなくスムーズに回転することが出来ます。

そしてフィニッシュではクラブが立つことが分かると思います。

いきなりコースでやろうとすると頭がこんがらがってしまうかもしれないのでまずは練習で試してみてください。

左の軸を意識することにより左腰が伸びあがらないようにすることです。

いずれにしてもコンパクトなスイングを心がけることがポイントです。

これがしっかりできたら左足下がりのライの苦手意識を克服できるようになるはずです。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク