スポンサードリンク

 

つま先上がりのライでうまくショットするコツを前回はお話ししました。

初心者ゴルファーは平坦なライで打つ練習がほとんどですからコースに出た時に傾斜からのショットとなるとどうやって打てばいいのか戸惑うと思います。

 

基本的にコースで平坦なライはティーショットぐらいしかありません。

フェアウェイも上がり系だったり下がり系だったり微妙にライが変化しています。

そのため、ショットを打つ前にライの確認は必須です。

 

というわけで、今回はつま先下がりのライでのショットのコツをお話しします。

54y5y5545

つま先下がりの場合はつま先上がりとは逆にクラブが上からカット気味に入りやすいです。

なので、スライス系のボールが出やすくなります。

逆にスライス系のボールを恐れてインサイドにクラブを引いてしまうと極端なフックボールが出てしまうこともあります。

つま先下がりのライは他のさまざまなライに比べて最もバランスを崩しやすいライです。

スイングのバランスが崩れやすくボールとの距離も遠くなりますので最も難しいライと思っていいでしょう。

 

つま先下がりのライでも基本は土台となる下半身の安定が不可欠です。

しっかりとしたアドレスを取ることが大事です。

そのためには椅子があったら椅子に腰かけるぐらいどっしりとした下半身を作りましょう。

 

ボールは真ん中にセットしておきます。

また、スマ先下がりの場合はスイングがどうしても前のめりになりやすいです。

なのでそうならないためにつま先だけに体重が乗らないようにしなければなりません。

要するに足裏全体にしっかり体重が乗るようにアドレスします。

 

つま先下がりが激しいライ(土手など)ではかかと体重ぐらいがいいです。

そして、スイングはフルスイングせずに下半身を安定させたままスリークオーター程度のスイングをします。

つま先上がりの時と同様に左右対称のスイングを心がけてください。

スリークオーターのスイングなのでクラブはワンクラブぐらいあげることをおすすめします。

スリークオーターのスイングでしっかりボールをとらえることができたら球筋は必然的にフェード系になります。

なので、スタンスはあらかじめ目標方向よりも左に取っておく必要があります。

 

フェード系の球筋をイメージしてアドレスするのでおのずと目標に対して肩のラインが左を向く形になります。

そして、ショットを打つ前にその場で何度が素振りをします。

素振りで感覚をつかみましょう。実際のショットを打つ前にバランスのとれたスイングができるかチェックするのです。

また、つま先下がりの場合は右足はベタ足ぎみにスイングするといいでしょう。

右足かかとが浮くとバランスを崩しやすいのでスイングのフィニッシュまで右足はベタ足のつもりでスイングします。

 

なのでできるだけ下半身は使わずにアドレスでできた前掲をキープしたままスイングする意識が大事です。

また、つま先下がりのライではスイング中に頭がボール方向へつんのめって出ないように心掛けましょう。

 

つま先下がりのライでもうまくショットできるようになるとどんなライからでも打てるという自信が出てきます。

一般的にさまざまなライの中でつま先下がりが一番難しいと言われているのも納得できますね。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク