スポンサードリンク

コースで林の中に入れてしまったなんてことはゴルフをしていればよくあることですね。

林に入ったらアウト。

抜け出すにはどうしたらいいの?と思っているそこのあなた。

木に当てることなく抜け出すための方法を紹介したいと思います。

 

木に囲まれた絶体絶命の林の中ですが、低い球でグリーン方向へうてたら抜け出すことができる。

林の中から抜け出す方法として低い球を覚えることが大事。

林の中からは低い球を打つことがポイントです。

枝や葉っぱが広がっている上を狙うよりも下の方をボールを通すスペースを見つけて、花道から転がすことによりパーオンすることも十分に可能となります。

ここでポイントなんですが、低い球を打つ時に一番してはいけないことがあります。

それはボールの手前をダフることです。

林の中は芝が薄いライが多い。

または思いっきり土の上だったりするわけです。

なのでダフってしまったらソールが跳ねるので大きなミスにつながることになります。

ですので使用するクラブはロフトが少ない5番アイアンあたりがいいでしょう。そして、アドレスではダフりを防止するためにボールを右足寄りにセットします。

そして、気持ち的には左足下がりから傾斜なりに打つというイメージでフォローを低く出していきます。

こうすることにより低い球でも距離を出すことができます。

林の中からやってはいけないことは一か八かでグリーンを直接狙って上を通すと木に当たる可能性が高いということですね。

一か八かで上を狙ったらほとんどの確率で木や葉っぱに当たると思っていいでしょう。

なので確実に抜け出すために上ではなく下を狙うわけです。そして低い球を打つので絶対にダフりたくはないのでボール位置は右足寄りに置きます。

左足寄りにボールを置いたら絶対にダフるのでボールは右足寄りに置きましょう。

左足下がりのつもりで打たないことにはあおり打ちのミスにつながるので体重は左足体重が良いでしょう。

トップでも左足体重をキープして上からダウンブローで打ちます。

左足体重をキープすることによりフォローが低く出るのですくい打ちになりません。

木があったらできるだけ木の横ぎりぎりを狙いたくなるものです。

でもこれだと出玉が少しでもずれたら木に当たってしまうので木には絶対に当たらないようにスタンスに余裕をもってアドレスしましょう。

また低くグリーン方向へ打とうと思っても目の前に気が立ちふさがっている時には球を曲げたらいいです。

ティーショットを左に曲げた時はフックで右に曲げた時はスライスで狙います。

曲がる球を打つポイントしてはアドレスで決まります。フックでもスライスでも原理は同じなのでスタンスは絶対に木に当たらない方向へ向けます。

そして最終的にボールを落としたい位置にフェース面を向けるだけです。

そして、そのままスタンスなりにスイングすることによってボールはスタンス方向へと飛び出していきます。そして、フェース面の向きに戻ってきます。スタンスとフェースの向きをずらせばずらすほどボールは曲がります。

ここでポイントですが、スライスを打つと飛距離は落ちるのでそこでは番手を一つ上げて対処しましょう。林の奥まで行ってしまって横に出すしかないという場合はランニングアプローチを使います。

ここでありがちなミスですが強く打ちすぎて反対側のラフまで行ってしまうことです。なのでフェアウェイの入り口にキャリーさせるつもりで打つとうまく脱出できます。

 

というわけで、今回は林の中に入れてしまった時の脱出方法について話しました。

コースで林の中に入れてしまったときは参考にしてもらえると幸いです。

 

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク