スポンサードリンク

rehgerr

コースで目の前に木、その木の向こうにグリーンがあって木が邪魔になるライ。

木の右側からグリーンを狙うにはフックボール、左から狙うにはスライスボールが不可欠ですね。

そんな木の左右からフックボールとスライスボールでグリーンを狙う方法についてお伝えしていこうと思います。

木の右、もしくは左から球を回すにはインテンショナルフック、もしくはインテンショナルスライスを打つ必要があります。

それにはまず打つ前の準備としてどちら側(木の左右)が広いかを確認することです。

そして、球を打ちだす方向や曲がり幅を明確にイメージすることが大事。

ここで一番のポイントとなるのがアドレスのときに体重配分になります。

木の右からフックボールでグリーンを狙う場合は通常よりもカカトに体重をかけます。

かかと体重に構えるほどスイングが横振りになります。

そして、フックがかかりやすくなります。

ボールの位置は通常のショットと同じです。大きくフックをかける場合はフェースを左へ向けてセットします。

球に当てようと思って前傾が深くなるとつま先体重になるので、つま先体重になったらフックボールが打てなくなるのでそこには気をつけましょう。

 

かかと体重に構えるポイントとしてヘッドを浮かせることによって体重をかかとにかけやすくなります。

打ち方としてはアドレスでかかと体重にするとスイングを横振りにしやすくなるのでこの横振りに加えて大きなフェースローテーョンが必要不可欠となります。

なのでダウンスイング以降で手首を積極的に使ってフェースを返していきます。

インパクトで体が開いてしまったら振り遅れてしまってフックがうまくかかりません。

なので「腰の回転を止める感じ」で体の左サイドに壁を作ります。

こうすることによって手首とフェースを返しやすくできます。

そして、結果的に強いフックボールになります。

体が突っ込みやすいという場合は右足かかとをつけたままでスイングするのも効果的だと思います。

 

ダウンスイングでクラブをインサイドから振り下ろしてフェースを返しながらインパクトすること。

体の動きはできるだけコンパクトにすることを意識してクラブを走らせるのがコツです。

 

スイング軌道はインサイドアウトになります。このインサイドアウトの軌道の中でフェースを返しながら球をつかまえると強いフックがかかります。まずは練習場でこのメカニズムをつかむ必要がありますね。わざとフックボールを打てるようになるとコースで目の前に木などの障害物があっても攻め方にバリエーションが増えます。

横振りのポイントとしてはまず腰の高さにあるボールを打つイメージでクラブを水平に振ってみる。

そして、腰の回転を止めるなどすると腕とヘッドが走ることが分かるかと思います。

フェースローテーションを積極的にすることによって大きなフック回転がかかります。

フックボールを打つ場合は腰を回すという動きは意識せずに逆に腰の回転を止めることを意識します。

そうすることでインテンショナルフックが打てます。無理に高いトップを作るのではなくトップはフラットにして手を低い位置に収めるようにします。

無理に高いトップを作ると横振りにならないのでミスにつながります。

 

次に木の左から回すインテンショナルスライスの打ち方を紹介します。

スライスは得意なのにインテンショナルスライスを打とうと思って失敗してしまうという場合この原因と対策についてお伝えしていきます。

 

まずはアドレスで重心を前に移して体重をつま先側に多くかけます。

木の左から球を回すイメージを持って、アドレスは通常よりもつま先体重になります。

感覚としては体の重心を少し前に移動する感覚です。

そうすることによって体重がつま先に乗ります。

ボールの位置は通常よりも1個分ぐらい左足寄りにセットします。

球を左から右に大きく曲げる場合はフェースを少し開いてスタンスをオープンにします。

つま先体重にすることによって縦振りの軌道を作り出すことができます。

これがインテンショナルスライスを打つための最大のポイントですね。

 

 

つま先体重といってもバランスが崩れない程度で構えます。つま先体重に構えることによってスイングが通常よりもアップライトになり縦振りになります。

テークバックでクラブをインサイドに引いてしまったら縦振りにならないので注意してください。

打ち方としてはトップで手とクラブを高く振り上げてそこからアウトサイド・インの軌道でスイングします。

これがインテンショナルスライスを打つ鉄則になります。もう一つ大事なことは腰の動きですね。

切り返し以降ですが腰をしっかりまわすことが大事。

しっかり左へ回していきましょう。

そして、クラブを体の左サイドに振りぬくようにします。

体重が右足に残ってしまったらプッシュアウトとかダフリのミスになってしまうので腰を回しながら左足内側に体重を乗せます。クラブを最後まで振り切ることが大事です。目の前に木があると怖いかもしれませんがそこは思い切って振りきること。

腰を積極的に回して体の回転で打つことが大事ですね。意識としては股関節の幅の中で体重移動している感覚です。

とにかく軸をぶらさずに回転する意識が大事です。

手首の返しを抑えることもお忘れなく。インテンショナルスライスの場合はフェースローテーションを抑えることによってスライス回転がかかります。

 

目の前に木などの障害物がある場合、どちらかに曲げないといけないというケースはラウンド中いつかは出てくると思います。

なので、その時のためにフックとスライスを意図的に打てるようになっておくとコース戦略においても楽になりますし、目の前に木があったとしてもあわてることはありません。

「そんなの意識して打つなんてむずかしいよ」と思われるかもしれませんが、自分の球筋がフック系なのか?スライス系なのか?

フック系ならフックで狙って、スライス系ならスライスで狙えばいい。

得意な方で打っていくといいでしょう。無理してスライスを打たなくてもいいのに狙ってスライスを打つ必要はないと思います。

状況に応じて判断して打ち分けられるようになるとゴルフがまた一つ楽しくなるので練習場でわざとインテンショナルフックやインテンショナルスライスを打つ練習をしておくのもいいと思います。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク