スポンサードリンク

5y5y55444

 

久しぶりに更新します。

ずっと更新できていませんでした。

申し訳ありません。本日からまた更新を再開しようと思っています。

 

今日は谷原秀人プロのドライバーをうまく打つためのコツについて紹介したいと思います。

 

よくこんな状況あると思います。

フェアウェイの左サイドにOBがあったり池があったり、そこへ打ったらダメだとわかっていながらも打ち込んでしまうときです。

 

ゴルフを続けておられる方にはよくある話だと思います。

 

こんな時の対策はどうしたらいいのか?

 

谷原秀人プロいわく、

ポイントは、ハンドファーストで左腰のキレを意識することにより左曲がりを直すことができると言います。

 

つまり左のOBを怖がることなく思い切って腰を回していくということです。

 

谷原秀人プロは思い切って腰を回していくそうです。また、ハンドファーストを意識するということ。

インパクトで手のポジションで左手が左足の太もも前辺りを通過するときにボールをヒットする。

つまりこれはハンドファーストの形です。

ハンドファーストで打つことによりフェースがかぶることがないので左に曲がらないと言います。

 

次に左足を軸にしながら腰の回転を速く行います。

 

こうすることによって左腰にキレが生まれます。

 

つまり左腰のキレによってボールのつかまりすぎを修正することができると言います。

腰の回転が鈍くなったと思ったらベルトのバックルを目標方向へ向けるつもりで思い切って回転してみましょう。

 

これができると左へのひっかけによるミスがなくなってきます。

このように谷原秀人プロは言ってます。

 

左のOBや池を怖がって腰の回転が止まってしまったら手首が急激にターンすることになりますので、ひっかけやチーピンのミスが出てしまいます。

 

なのでインパクトでは手元がハンドファーストを意識してフェースがかぶらないように左足の内側でしっかり体重を受け止めることです。

谷原秀人プロの教えを実践してみると左へのひっかけのミスが少なくなってきます。

 

僕もコースで左へ引っかけたくない場合、これを意識して行っています。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク