スポンサードリンク

アイアンでダフリが止まらないと悩んでいる人は多いですね。

 

ゴルフ初心者の場合、やはり最初はこのダフリによく悩まされるものです。

 

僕もダフリが嫌でゴルフをやめようかと思った時期がありました。

ゴルフを始めた当初はダフリが多くてパー3のティーショットでいきなりダフってチョロなんてこともよくありました。

 

そんなダフリ癖から今は解放されていますが、ダフリで悩んでいる方は今回の内容は参考になるかと思いますのでチェックしてみてください。

 

基本的にアイアンでダフリが止まらないという場合はボールを下からすくいあげるように打っているからです。

そのため、ボールの手前の地面をたたきこれがダフリにつながってしまいます。

 

なのでアイアンはヘッドを上から入れることが大事。

 

つまりダウンブローが正しい軌道になります。

 

ダウンブローと聞くと難しく感じるかもしれません。

でもアイアンでダフリが出た場合、ラウンド中であってもすぐにダフリを直す方法があります。

 

それはティーグランドからフェアウェイに下りる傾斜などを使い、左足下がりのアドレスを作ることです。

 

この左足下がりのアドレスを作ったら傾斜に沿ってスイングしてみましょう。

 

そうすることにより自然とヘッドを上から入れることができるのです。

そして、低くて長いフォローが出るようになります。

理屈ではないです。

まずは体でこれを体感することが大事です。

rt4y4y4tgr

 

そうすることですくい打ちによるダフリを直すことができるのです。

 

ラウンド中にダフってしまった場合はこの傾斜を使った素振りがおすすめです。

 

左足下がりのライでの素振りをすることで、すくい打ち軌道を一発で矯正することになるからです。

 

この一発ですくい打ち軌道を修正する傾斜を使った素振りは宮里プロがおすすめするダフリ矯正方法となります。

ダフリの主な原因はすくい打ちにあると言いますが、もちろんほかにもダフってしまう原因はあります。

 

アイアンは基本的にダウンブローで打つことが大事です。

ダウンブローで打たないとと意識するあまり上からボールを叩き潰すイメージでスイングする人がいますが、ダウンブローはあくまで結果としてダウンブローでボールにヒットするのであり、上からボールを叩き潰すなどのイメージは必要ありません。

上から上からを意識するとヘッドが地面に鋭角に突き刺さりやすくなるので、あくまで自然な形にスイングしたら結果としてダウンブローになるということを知っておきましょう。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク