スポンサードリンク

以前の記事で左ひじのたたみの練習方法を紹介しました。

それでもまだうまく左ひじのたたみができないという方もいるかと思いますので

今回はさらに左ひじのたたみを上手くするための練習方法について話していこうと思います。

 

今回は二つの道具を使っての練習方法となります。

その二つの道具とは

  • 竹ぼうき
  • バスタオル

この二つを使って素振りをします。

長くて固い竹ぼうきと軟らかくて軽いバスタオルはまったく真逆のものですが

この二つで素振りをすることで左ひじのたたみが上手くなるのです。

 

それは両方とも共通してひじをうまくたたみながら振らないことにはシャープに振ることが出来ないからです。

左腕をフォローでいつまでも伸ばして大きなフォローを取ろうと思って振っているとうまく振ることが出来ません。

では、どうやって振ると二つをシャープに振りこなすことが出来るのか?

それは下半身始動から左サイドでリードしながら手はダウンで一直線に下に落としてくることです。

そして、インパクト後は素早く左ひじをたたんでいきます。

この振り方ができる人は、竹ぼうきとバスタオルを難なく振り回すことが出来るかと思います。

 

この二つを難なく振り回すことが出来るようになったころには

ゴルフスイングの体の使い方ができるようになったと言えると思います。

ゴルフスイングでは腕は軟らかく使うことを以前の記事で話しましたが、この二つの道具を使って素振りをすることで腕の軟らかい使い方もわかってくると思います。

 

またこの二つの道具を振り回すことが出来るようになるとあることに気づくと思います。

竹ぼうきは長くて固い、逆にバスタオルは軽くて柔らかい。

全くにつかない真逆の性質があるこの二つを振ることによりゴルフスイングで大事な感覚が体に染みついていきます。

 

その大事な感覚と言うのは

ドライバーを振るのもショートアイアンを振るのもまったく同じ感覚ということです。

何を振るにしても同じ感覚で同じ振り方をするという事が分かってくるのです。

 

この二つを振ることにより、この感覚が身についてくるのです。

竹ぼうきとバスタオルを上手く振り回せるようになるだけでこの感覚が養われてくるので素晴らしいと思います。

 

多くのアマチュアゴルファーの方はショートアイアンはなんとか使いこなすことが出来るが、

ドライバーになると全然ダメという方が多いです。

ドライバーショットに苦労している人が多いですよね。

僕もショートアイアンなら自信があるがドライバーを握ると途端に自信がなくなるという頃がありました。

ショートアイアンは飛ばす意識がないため腕を無駄に使わずに腕を小さく使って体の回転で打ちやすい。

でも、ドライバーになると飛距離を求める分腕を大きく使いがちになります。

ドライバーは大きく振るものと思っているので腕を無駄に使いすぎてしまう。

 

でも実はドライバーもショートアイアンも同じ感覚で振ることが大事。

 

竹ぼうきとバスタオルを使っての素振りではこの勘違いを矯正することが出来ると思います。

長くても短くても、軽くても重くても、固くても軟らかくても同じです。

いずれにしてもシャープに振りぬくためには体の使い方は同じ。

ショートアイアンは得意だけれどドライバーが苦手という方はこの二つを使った素振りをぜひ体験してみるといいかと思います。

ゴルフ練習場に行ってひたすらボールを打つこともいいですが、

スイング矯正を考えるならこのようにクラブだけではなく違ったものを使ってスイングをすることで新しい感覚が生まれスイングづくりの近道になると思います。

 

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論

 

repoto
スポンサードリンク