スポンサードリンク

ゴルフはヘッドスピードを上げることが飛距離アップに大事なことだと思っている人は多い。

しかし、その反面実際どうしたらヘッドスピードを上げることが出来るのかを知らない人も多いです。

 

ヘッドスピードをあげるとボールは飛ぶし打った時の打感もいいのです。

でもそのためにはどうしたらいいのか?

そして知りたいと思う人もいれば知ろうとしない人もいる。

ヘッドスピードにこだわらない人はヘッドスピードを上げることで球が曲がるとか、腕力が必要と思う人がいるからでしょう。

でも、この考え方はちょっと残念というかもったいない。

ヘッドスピードを上げるのに力は必要ないことを知らないからです。

そして、ヘッドスピードが上がったからと言っても打ったボールが曲がるわけではないからです。

筋肉隆々でガタイが良い人でも飛ばない人は飛ばないのです。

逆に非力であっても飛ばす人は飛ばします。

今持っている自分の筋力でいかに効率よく飛ばすことが出来るかを考え研究することでボールは飛ぶようになります。

僕ももちろん最初から飛距離を出せたわけではないです。

飛距離を出すために僕なりに考えて研究してきました。

1、クラブをソールしないでアドレスをする

2、アドレスで構えたら両腕は楽にして余裕を持たせるようにする

3、ダウンスイングの時にできるだけ左腕は軟らかく使うこと

ヘッドスピードを上げるためにはできるだけクラブに仕事をさせた方が良いと思います。

なので、クラブシャフトをできるだけしならせるためにこれらのことを実践してきました。

腕を軟らかく使ってシャフトのしなりを意識すると言うと

「それだとボールが曲がってしまうのでは?」

このように思ってしまう方が多いかと思います。

でも実際は全く関係ないと思います。

逆に腕を軟らかく使えるようになってくると下半身が安定してくるので結果的にボールが曲がらなくなってくる。

なので腕は力んで使うことを辞め、軟らかく使うように意識したほうが良いと思います。

 

では、この腕を軟らかく使うための感覚を養うために良い練習方法を紹介します。

それは、「水平素振り」です。

 

肩の高さにボールがあると仮定してクラブを肩のラインに水平に振ってみる。

この水平素振りをすることにより通常の地面にあるボールを打つダウンスイングとは違った感覚を得ることが出来ると思います。

 

バックスイングで右腕を折りたたみフォローで左腕を折りたたみます。

この腕の折りたたみがポイントになります。

バックスイングで早く右腕を折りたたみ、フォローで早く左腕をおりたたむ。

素早く腕をおりたたむことによりゴルフクラブが体に巻きつくように振れるようになるからです。

 

クラブヘッドが体の中心に来た時すぐに左腕をたたむことで左脇が閉まる感覚が分かってきます。

そして、体を先行させてクラブを振るのではなく、クラブを先行させて振る感覚を養うことが出来ると思います。

クラブヘッドが腕や体よりも先に先行して回っていく感覚です。

そしてこの水平素振りに慣れてきたら、徐々に上体を前傾していき、地面に置いてあるボールを打つようにスイングしていきます。

そうすることで以前とは異なる感覚でスイングしているのが分かると思います。

腕が突っ張って振っていた人は腕をしなやかに使って振る感覚が分かってくると思います。

そして、これを繰り返すことにより腕のしなやかな使い方が分かるようになると思います。

コースなどで緊張してがちがちになった時などこの水平素振りをとりいれてみるといいと思います。

腕を柔らかに使う感覚が戻ってくると思います。

ヘッドスピードを上げるためには腕は軟らかく使う事です。

力んでがちがちに突っ張った状態で振ってもヘッドスピードアップは望めないと思います。

 

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論

 

repoto
スポンサードリンク