スポンサードリンク

d4a6f228e34fd588456f89ea1285d032_s

 

お世話になります。

ゴルフ侍トシです。

今回は正しいバックスイング、テークバックを作るために
おすすめの【水平素振りについて】お伝えしていますので
ご確認いただけたらと思います。

バックスイングでオーバートップになってしまうとか、

フェースを開いて上げてしまうとか
そういった方にとってもおすすめですし、
また、腕を使ってバックスイングを上げてしまい手打ちになってしまうというのを矯正したいという場合もこの水平素振りを実践していただきたいと思います。
この水平素振りを行うことによって無駄に腕を使ってバックスイングをできなくなりますので、
体の体幹を使ってバックスイングしていくという事ができるようになります。

そうなるとトップでオーバートップになって飛球方向に対してシャフトクロスするということもなくなります。

無理に腕を使ってクラブを担ぎ上げるようなバックスイングをしている方は
自分の体の最大捻転以上の回転をしてしまっていますので、
トップでオーバートップになってしまってシャフトクロスしてしまうという方は多いです。

バックスイングでは腕を使ってクラブを上げるという意識は必要ありません。
体幹が右へ向くことにより、それにつられて腕とクラブが勝手に上がっていくというイメージです。
結果的にみぞおちやおへそを右へ向ける意識でバックスイングしたときに
腕というのは肩の高さまで上がっていきますが、
それ以上腕は自ら上げるのではなく、あとはクラブの遠心力によって腕が多少引っ張られるように上がっていくことで
正しい自分なりのトップの位置にクラブが納まるようになります。
腕を使って高く上げようとかトップを大きく振りかぶろうなどという意識やイメージがあると再現性の高い正しい体打ちのスイングを身に着けることはできませんし、
自分の柔軟性を無視してただ、無理に体を回転しているだけということになりますので、

ダウンスイングではその反動で腕を使ってクラブを下してくることになります。
そうしないと、インパクトでフェースがスクエアに戻ってくれないので
腕を使ってバックスイングを上げている人はどうしてもダウンスイングでも腕を使ってクラブを引っ張り下ろしてくる動きが入ります。
そして、手打ちになってしまうという悪循環になりゴルフが上達できないという落とし穴にはまってしまいますので、まずは動画でお伝えしているように水平素振りというのを実践して、腕とシャフトが作る角度の重要性とバックスイングで体幹を使って上げていくという感覚を養っていただきたいと思います。

 

せっかく素振りをしていても
見ていると、間違った体の使い方をしている人が多いです。
これではうまくなるどころか逆効果になってしまいます。
水平素振りというのはゴルフ初心者もそうですが、
手打ちが治らないゴルフ中級者の方も実践していただきたいと思います。
これだけでも、バックスイングを迷いなく上げられるようになったとか、
テークバックで悩まなくなったという方もたくさんおられます。
アドレスも大切ですが、バックスイングも大切です。

再現性の高い正しい体打ちスイングを作るためには
バックスイングでこのように水平素振りを行って正しい動きの感覚を養っていってみてください。

 

 

最後にあなたが短期間でゴルフを上達させ

周りのゴルファーに対してスコアーで圧倒したいという場合

僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したいスイング作りを

メルマガ限定でお伝えしていますのでお楽しみください。
周りのゴルファーをスコアーで圧倒できる無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク