スポンサードリンク

素振りも実践に生かしたい。
僕の中ではこれが大きな課題でもありました。

実際にボールを打つ感覚と素振りの感覚を結合したいと考えていました。

この二つの感覚を結合させることはとても大事だと思います。

頭の中ではいつも考えて素振りをしてます。

リッキー.ファウラーのようなバックスイングがしたいとか、アダムスコットのようなかっこいいフィニッシュが取りたいとか、色々と考えていると欲が出てきて実践的なスイングから遠ざかっていきます。

実践のショットと素振りが一致しないとゴルフは難しくなります。

実践的な素振りをしてない人は、「素振りなんかしても意味がない」こう吐き捨てる人もいます。

でもそんなことはないと思います。

そんな人は実践的な素振りができていないからでしょう。

素振りと実際にボールを打つ感覚がずれることは初心者ゴルファーにとってよくあることでしょう。

素振りではクラブをビュンビュン振り抜くことができるが、実際にボールを打つとなるとダウンから体が左サイドにスエーしてしまい、その結果右肩が前に出て肩の開きが早くなる。

素振りの感覚はさらさらない。

僕もゴルフを始めたばかりの頃はこんな感じをよく味わいました。

素振りとなるとビュンビュン振れる。

素振りとなるとプロ並みのスイングができる。

ヘッドスピードを上げるため思いっきり振り抜く。

そうすることでクラブヘッドがよく走ってくれます。

ヘッドスピードを上げるためだけに素振りを行うのはもったいない。

実際にボールを打つつもりで、インパクトポイントにクラブヘッドを通すつもりで振ることです。

素振りでこの欠点を修正するために、目隠しをして素振りをすると効果的です。

目を閉じてもいいでしょう。
そうすることで安定したスイングができるようになります。

目隠しなどで視界をうしなうことにより、人間の水平感覚を奪います。

視界を失うことでバランスが取りづらくなるため転倒することにもなるのです。

なので、目隠しして素振りをすることで無理な振り方をすると体制を崩すことになります。

この目隠し素振りを続けていくと下半身は安定してきて今までよりも踏ん張ることができるようになるでしょう。

そして、見えない世界で素振りをすることにより、体が自然に自分のスイングを記憶して行きます

自分のトップオブスイングからフィニッシュが見えない世界で振ることで見えてきます。

バランスが良いスイングを身につけるためには視覚に頼らず体に聞いてみるのが一番です。

目が錯覚することは多いです。

自分から見えるアドレス位置やスタンス、またテイクバックからのトップからインパクトやフォローにかけて実はこれが目を閉じて素振りをすることで間違いに気づくことがあります。

正しいスイングは目隠し素振りから覚えることができると思います

 

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論

repoto
スポンサードリンク