スポンサードリンク

アマチュアゴルファーの多くの方が素振りの方法からして間違っている方が多いと思います。

まず、素振りと空振りの違いを理解しておく必要があるのではと思います。

素振りと空振り。

この2つの違いがあることをゴルファーである以上は理解する必要があると思います。

ゴルフ上級者であるからと言っても、この素振りと空振りの違いを理解している方が多いわけではないと思います。

空振りはボールを打つ意識を持ってスイングした結果、ボールは当たらなかったことであり、そしてショットと同じ扱いになるため、一打ということになります。

素振りの場合は、ボールを打つ意識がなくショットに入る前の予備動作のことを言います。

なので空振りとは違い打数に加算されることはありません。

でも、この素振りを間違ってしている人が多いと思います。

素振りはスイングの基本となる動きでなくてはなりません。

なので、軽く考えがちですが、ここに意外な落とし穴があります。

何も考えることなくしていると変な癖がついてしまうこともあります。

そして、後から矯正が大変となるのです。

素振りでブンッ‼︎と音を鳴らす場所を間違っていませんか?

安定性が高いスイングを身につけるためには素振りでブンッ‼︎と音を鳴らす場所を知ることです。

では、ブンッ‼︎と音を何処で鳴らしたらいいのかですが、これはフォローの部分となるのです。

素振りはゴルフクラブをブンッ‼︎とうならして自分の中で常に同じ場所で音を鳴らす感覚が大事だと思います。

ダウンではしっかりとタメを作る。
そして、十分にできたタメを利かせながら上体が正面を向くあたりから腕とクラブを飛球線に向かって放り投げるような感覚でクラブを加速させるのです。

このイメージを持ちながらスイングすることにより、クラブがフォロー部分でうなりをあげ出します。

ダウンスイング部分で音がなる場合は右手が強く使い過ぎているためフォローで左腰が引けてしまい力が逃げてしまいます。

このようなスイングだとクラブを豪快にしならせてブンッ‼︎とうならすことができません。

フォローでクラブをブンッ‼︎とうならすためには下半身で振る必要があります。

手先だけで振るのではフォローで音を鳴らすことはできませんから。

慣れるまではゆっくりクラブを振り、身体の動く順番を身体に覚え混ませて行きましょう。

順番は下半身リードから胸の向きをかえて腕から手という流れを自分の身体に覚えこませていきましょう。

こうすることで早く良いスイングが身について行くと思います。

 

最後に、100どころかゴルフを始めて半年でスコア82を出したゴルフノウハウをメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ初心者でもスコア80台を出せる方法になります。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク