スポンサードリンク

 

以前の記事で素振りでクラブをブンッ‼︎とうならして振る方法を話しました。

ゴルフの正しいスイングではフォローの部分でブンッ‼︎と豪快な音を鳴らすことが正しいスイングだと言いました。

素振りだからと言っても目標なしで素振りをしていては意味がありません。

そして、意味がないばかりか悪い癖も付いてしまう可能性があることを言いました。

素振りだからこそクラブの音を聞きながら振ることによりスイングが分かっくると思います。

ゴルフクラブをよりシャープに振り抜くスイングが素振りで分かると思います。

しかし、よくありがちですが素振りではシャープな振り抜きができるのに、実際にボールを目の前にしてショットに入ると素振りのように振れないという人は多いのではないでしょうか?

では、ショットも素振りのように振り抜くためにはどうすればいいのか?

これはアマチュアゴルファーの多くの方が悩んでいることだと思います。

両手の使い方は右手を添えるだけにすることで分かる

よくゴルフを始めて間もなくすると素振りはプロ並みですよね。
このようなことを言われる人がいます。

しかし、ボールを目の前にする実際のショットでは素振りとは全く違うスイングとなる。

素振りと違い全く別の人が振っていると言われることも。。。

素振りはボールがない。
ショットではボールがある。

この違いだけです。

素振りを実際のショットにより近づけるために打ちっぱなし場などのマットの上をこするように素振りをすると良い。

通常の素振りは空中を振るだけなのでクラブヘッドがどこを通過してもいいので自由に振り回せる。

でもボールを打つイメージを持って振るならマットの上をこすりながら振る方が何倍も実践的だと思います。

このへんはアマチュアゴルファーの方も気づいて実践している方は多いでしょう。

次にもう一つ実践的な素振りをするなら右手をグリップせずに添えるだけにする。

そして、素振りをすると両手と両腕の使い方がよく分かるようになると思います。

手順はアドレスで普通に両手をグリップして構えた後に、右手だけグリップを外して手のひらを垂直になるように開きます。

つまり右手はグリップしていないので手のひらを開いているパーの形となります。

逆に左手はグリップしていますのでグーの形です。

このままスイングします。

こうすることで左腕でスイングをリードする動きが分かるのです。

また、左手はダウンスイングからインパクトに向かってどう動くのか?

インパクトからフォローで左手首がどう動き、それによって左腕がどのようにたたまれて行くのか?

この素振りをすることにより分かってくると思います。

さらに、右手も左手のリードをどのようにサポートするかが分かるようになりますし、力の出し方も分かってくると思います。

この素振りをすることにより、右手の人差し指でクラブを押していく感覚をつかめるようになります。

スイング中の正しい腕と手の動きを掴むにはもってこいの練習だと思います。

 

最後に、ゴルフを始めてわずか半年でスコア82をマークしたゴルフ理論をメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガではブログには書いてない濃いゴルフノウハウもお伝えしています。

repoto
スポンサードリンク