スポンサードリンク

自宅でできる練習方法として今回はハンガーを使った方法を紹介します。

 

ハンガーを立てたまま振るとスイングの軌道が安定します。

joewfwg

 

アマチュアの多くはダウンスイングでシャフトが寝てフェースが開きやすいです。

そこから腕の力で無理やりかえしてしまうのでひっかけが出るという落とし穴に。

そこでアイアン7日間上達方法として提案したいのがハンガーを使った練習方法です。

左手はハンガーの上側を握ります。

次に手首をコックした形を作って右手が常に上にあるように意識しながら振ってみましょう。

左手と右手が離れているので立てたまま振る動きを体感しやすいです。

松山英樹プロのようにシャフトを立てて下すようになります。
ボールがあるとついつい合わせに行く動きになってしまいます。

あえてボールを打たずにクラブの動かし方やリズムを確認してみるといいです。
右手が上のままハンガーを振るとシャフトが立って下りてきます。

ハンガーの面が寝ないようにして右手が常に上にあれば実際のダウンスイングでもシャフトは立って下りてきます。

インパクトでも右手が下がらないようにハンガーを立てたままキープするとクラブを持ったときに手元が浮きません。

やってはいけないことは
腕の力でクラブを引っ張ると軌道やインパクトの強さが安定しません。
肩から肩のふり幅で連続素振りをすると切り返しのタイミングがつかめるようになります。
ゆるゆるのグリップで握ってクラブの重みを感じながら振ってみましょう。
この練習を行うことによってあなたも松山英樹プロのようにシャフトを立てて下してくることが出来るようになります。
左手はハンガーの下側、右手は上側を握ります。
手首は手前に追ってコックした状態を作りましょう。
ダウンスイングで右手の位置が下がったらシャフトが寝ます。

そのためハンガーを使うと悪い動きを体感しやすいです。

ダウンスイングでクラブが寝ると右肩が下がってあおり打ちになってしまいますからね。

手元が浮いてスライスやそれを嫌がってのひっかけが出てしまいます。

 

シャフトが寝る動きを改善するためにハンガーを使った練習を取り入れてみるといいです。

 

これなら練習場に行かなくても自宅でゴルフ上達のために練習できるのでお勧めです。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク