スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 
では、今回も下半身安定のべた足スイングを作るための方法として
【左ワキを閉めると三角形を最後までキープできる】です。

 
下半身が安定している証拠として、フォローの時の頭の位置がアドレスの位置とほとんど変わらないというのがあります。

 

 

下半身が安定することこのように正しいフォローでクラブを振りぬくことができます。

 

 

大切なのはクラブを「振りぬく」ということ。

 
これができたら体をそんなに揺さぶることなくヘッドを走らせることができます。

 

 

では、どうしたらクラブをビシっと振りぬくことができると思いますか?

 

 

これはバックスイングと同じです。

 

 

両腕の3角形を崩すことなく上半身の回転で振ることが大事。

 

 

前傾角度をキープしてヒップターンで切り返していくことで両腕の3角形がキープされてフォローで右腕がピンと伸ばされていきます。

 
バックスイングで左腕がフォローでは右腕がピンと伸ばされていたら頭がしっかり残った軸ブレしないスイングができます。

 
フォローで左脇が閉まってボディーターンで胸を回していくことによって右足を蹴ったりするような下半身の動きもなくなっていきます。

 

 

するとべた足で球を打てるようになりますよ。

 

 

フォローで左脇を開けないように閉めたままスイングしていきましょう。

 

 

フォローでも両腕の3角形をキープしてボディーターンで振っていくことによって下半身安定のべた足スイングになります。

 

 

左脇を閉めることによって、両腕の3角形をフォローまでキープすることができます。

 
では、そんな下半身安定のべたスイングを作るために、ここで1つドリルをご紹介します。

 

 

【ミドルアイアンのクラブを逆にもってフォローでビューンと音が鳴るようにスイングする】です。

 

音が聞こえる場所が肝心です。

 

 

べた足の下半身安定のスイングを作るために、
ミドルアイアンのヘッドとグリップを逆に持って素振りをします。

 

 

この時に大事なことは「ビュン」というクラブが風を音がスイング中のどこで鳴っているかを感じることです。

 
クラブをさかさまに持って振ったときに、手元が重くて先っぽが軽いので簡単にビュンと音を出して振ることができますが、この素振りでインパクトの時にビュンと音が鳴っているのはよくありません。

 

インパクトでビュンっと音が鳴っている場合は、これは手打ちになっている証拠です。

 

逆にフォローでビュン!という音が鳴っているというのであれば、これは上半身を使ってのべた足スイングで振れている証拠です。

 

なので、どこで音が鳴っているのかを確認しながらこのクラブをさかさまに持っての素振りを行ってみてください。

 

 

フォローでビュン!という音が鳴るという事は、ボディターンでクラブの遠心力を利用して振れている証拠です。

 

 

下半身安定のべた足スイングを目指されるのであれば、この練習ドリルがおすすめですよ。

 

 

アイアンで方向性が安定しない、ダフリやトップなどのミスが出るという場合は
こういった下半身安定のべた足スイングでショットを安定させるためのドリルを積極的に行っていくことをお勧めします。

 
また、下半身を安定させるためにべた足スイングを目指すという場合は、
右足を蹴らないことです。

 

 

下半身の動きを抑えるために右足を蹴らないことです。

 

 

右足を蹴るスイングの人はテークバックで下半身全体が右方向に動かしているのでその反動によって、ダウンスイングでは下半身を左に動かそうとしてしまいます。

 

 
なので、どうしても右足を蹴るスイングになってしまいます。

 
でも、べた足スイングをあなたが目指すというのであれば、

テークバックでは上半身をしっかり回して下半身の動きをできるだけ抑えることです。

 
なのでテークバックからしっかり胸を回転させるイメージでバックスイングをする。

 
あなたがべた足スイングを目指されるという場合はテークバックで胸をしっかり回すこと。

 
そして、胸が目標と逆方向を見えるぐらいしっかり上半身を回します。

 

 

そのトップから今度はダウンスイングでは胸を目標方向に向けるようにしていきます。

 

 

そして、インパクト⇒フォローへとつなげていきます。

 

 

つまりスイング全体を通して下半身は動かさずに胸を回転させて打つということがべた足スイングにつながるということです。

 

 
このべた足スイングで有名なイ・ボミプロのスイングを見てみると分かる通りですが
下半身が暴れていません。

 

 
スイング中に下半身が静かに動いているのが分かると思います。

 

 
テークバックでは左右のヒザの間隔がほとんど変わらずに下半身はほとんど動いていません。

 

 

逆に上半身はトップに近づくと背中が目標を向くほど回転していることが分かると思います。

 

 

【どうしても右足を蹴ってしまうという人は、胸を回すことによって下半身が安定してべた足になる!】ということです。

 
あなたがダウンスイングで右足を蹴っているつもりはないけど、どうしても下半身が大きく動いてしまうという場合は、この下半身安定のべた足スイングを目指してみるのもいいでしょう。

 
最後にあなたが短期間で80台、70台を当たり前に出せる
再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けたいという場合
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
メルマガではサイトには書けない濃い内容を配信しています。

 

ゴルフが短期間でみるみる上達する、最速ゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク