スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。
福岡の自宅からです。

先日、メルマガ読者さんから「バックスイングでどうしてもオーバースイングになってしまいます。トップでシャフトクロスしてしまいます」というメールをいただきました。
バックスイングからトップで腕を高く大きく遠くへ振りかぶった方がスイングスピードが速くなってボールが遠くへ飛ぶと思っている人は多いです。

 

大きく腕を上げて、遠くに上げていくことでスイングの弧が大きくなって球が飛ぶという考え方の人は多いです。

 

僕もゴルフ初心者のころはこの考え方だったので分かります。
でも、実際はこれは違っていて、大きくバックスイングしたからと言って、球が飛ぶわけではないです。

 
大きく腕を高く上げて振りかぶったからと言って球が飛ぶわけではないです。

 
球を飛ばすためには捻転差というのが最も重要。

 

上半身と下半身で作られる捻転差が飛ばしのエネルギーになります。
なので、オーバースイングになっているという人は肩の高さよりも高く腕を振り上げようと思っていたり、大きなバックスイングが球を飛ばすパワーが生まれると勘違いしています。
捻転差というのは下半身を止めて、上半身を捻じる動きです。

バックスイングではできるだけ下半身(腰)を動かすことなく、腰から上の上体を右へ捻じっていきます。

 

バックスイングで右膝を絶対に動かさないこと

この捻じれを作るポイントは右膝です。
バックスイングで絶対に右膝が伸びないようにすることです。
そして、アドレスの右膝の向きを変えないようにバックスイングしていきます。
そうすると右膝が踏ん張っているのが分かります。

 

右膝が右へ回転しないように踏ん張っているのが分かります。
右膝が右へ回転してしまったら、腰も回転してしまいこれではトップでシャフトクロスするオーバースイングになってしまいます。
よく飛ばそうなどと勘違いして、バックスイングで腰をどこまでも回している人がいます。
下半身も回して上半身も回すわけですから当然捻転差は生まれずオーバースイングになってしまいます。
右膝というのは止める意識が必要です。
よく右膝でエッジを効かせるという表現をしますが、バックスイングで絶対に右膝が動かないように意識してください。
オーバースイングになっている人はバックスイングで右膝が右へ流れ(スエー)たり、

右膝がアドレスの向きをキープできずに回ってしまい腰も回りすぎてしまっています。
バックスイングで捻転差を作るためには、右膝はアドレスしてバックスイングに入るまでに一度左膝に寄せるようにキックインしてからバックスイングをしてみてください。

 

 

hizaga1

 

hizaga2

 

hizaga3

 

このキックインの動きを取り入れることによって、右膝の使い方が分かってきます。

バックスイングの時に右膝で踏ん張るという意味も分かってきます。

右足の内側にエッジを効かせるようにバックスイングするためにはこの右膝のキックインからバックスイングをすることによって、体をしっかり捻じれるようになります。

 

また、この動きを取り入れることによって、体と腕が同調したバックスイングができるようになります。

バックスイングで右膝をキックインすることで右腰が右足土踏まずの内側に押し込まれます。

こうすることで右腰のスエーも防ぐ効果があります。

しっかりと捻転差のあるバックスイングは下半身をできるだけ止めて、上半身を右へ捻じっていく。

はじめは違和感あると思いますし、とても「きつさ」を感じると思います。

右膝を動かさないということを意識してください。

そうすることで、腰が回りすぎなくなりますので、オーバースイングにはなりません。

しっかり下半身を使えるスイングマスターしていくためにも、バックスイングでの右膝というのは微動だにさせないぐらいの意識が必要です。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいというのであれば、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク