スポンサードリンク

こんばんは。
ゴルフ侍トシです。
福岡の自宅からです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 
というわけで、今回のテーマは【スエーの原因を撲滅、右足の伸びを注意】です。
あなたもゴルフを始めて経験あると思いますが、
よく「軸を保って、軸がブレないように、軸をしっかり意識して」
このようにスイングをしなさいとか、作っていきなさい。

 
ということを言われたり聞いたりされたことがあると思います。

 

 

そもそも、初心者ゴルファーや上達できないゴルファーのほとんどが軸ブレしています。

 
そして、この軸ブレしている原因となっているのがスエーです。

 

 

 

スエーが起こってしまう原因は
僕のサイトを読んでいただいているあなたなら
もうお分かりかもしれませんが、

「トップで右足(ヒザ)が伸びる」というのが原因となります。

 
これはバックスイングでクラブを「上げる」という意識が強すぎたりすると、トップで右足は伸びてしまいやすいです。

 

 
以前お伝えしましたが、

バックスイングはクラブを上げる意識というのは必要ないとお伝えしました。

クラブというのは「上げる」のではなくて「上がっていく」という認識に変えてくださいということをお伝えしました。
バックスイングからトップにかけて右足というのは、
アドレスのゆるやかに曲がっている状態をキープすることが大事です。

バックスイングからトップにかけて右膝というのが伸びてしまったら、
その時点でスエーを引き起こしてしまいますし、スイングに再現性いがなくなってしまいます。

なので、バックスイングからトップにかけて右膝というのはぜったに伸びないようにしてください。

 

 

仮にゆっくりとスローモーションで試してみると分かりやすいと思います。

 

 

バックスイングで右足(右膝)を伸ばしてみてください。

 

 

そうすると体の軸がズレてしまうのが分かると思います。

 

 
こうなってしまうとどれだけ速くクラブヘッドを動かそうとしたところで、その効果は期待できません。

 

 

また、悪い振り遅れ(手打ち)で悩んでいる人も、
バックスイングで右膝が伸びてしまっていないかを確認してみてください。

 

 
右足が伸びることによって、軸がブレます。

 
そうなるとトップではオーバートップやシャフトクロスを起こします。

 
そして、軸が左へ傾いたトップになります。

 

 

そこからダウンスイングを開始すると

今後は右足体重が強すぎてのけ反るような動きになります。

 

 

フィニッシュがのけ反ってカッコい悪いフィニッシュになります。

 

 

このようにバックスイングで右足が伸びてしまったら、
フォローで左サイドに重心が乗っていきませんので、
「明治の大砲打ち」とか「ギッタンバッコン」のスイングになってしまいます。

 

 

今回はバックスイングで右膝を伸ばさないという重要な事をお伝えしました。

あなたも今一度確認してみてください。

 

 

バックスイングでクラブを上げようと思って
無理に腕を振り上げるなどして右膝が伸びてしまっていませんか?

 

右膝が伸びてしまったらその時点でスイングに正しい再現性が

失われるということを覚えておいていただきたいです。

 

あなたは「右ヒザ不動のスイング」を作っていきましょう。
アドレスからバックスイング、そしてトップまで右ヒザというのは不動のイメージを持ってください。
もちろん多少アドレスからバックスイングすることによって、右ヒザは多少右へ向きますが、伸びるという動ききは入れないようにしてくださいね。
まず、あなたが初心者ゴルファーの場合は、こういった細かい部分をしっかりと理解して実践することをお勧めいたします。

 
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、

当たり前に80台、70台を出していくために

再現性の高い正しい体打ちスイングを身につける詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
メルマガではブログには書けない濃い内容を配信しています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク