スポンサードリンク

こんばんは。

ゴルフ侍トシです。
福岡の自宅からです。

今回はバックスイングの捻転についてお伝えしていこうと思います。

バックスイングでは体を捻じることが重要です。

回転重視でバックスイングをしている人は多いですが、回転ではなく体を捻じる『捻転』を意識しましょう。

しっかり体を捻じるための方法として、

自宅でできる練習方法をシェアします。
バックスイングで腰が右へスエーしてしまう方や、オーバースイングになってしまう方などはこの練習を実践してみてください。

動画を撮りましたのでご覧ください。


胸に両手を当てて、アドレスの形を作ります。

↓↓↓

右膝をキックインして体を捻じります。

↓↓↓

右膝が動かないように踏ん張りましょう。

↓↓↓

フォローでは右肩を左肩があった位置まで動かしましょう。

この練習は自宅でできますので、ぜひ実践してみてください。

バックスイングで体を捻じるという感覚が分かってきますよ。

僕は昔、バックスイングで腰がスエーする癖がありましたが、この練習を行うことによって右股関節に乗るという感覚を掴むことができましたし、下半身を使ったスイングができるようになりましたので、腰のスエーが直らないという場合などは実践されることをお勧めします。
右膝をキックインしてバックスイングをすることによって左のお腹付近が捻じれているのが分かると思います。
これが反発エネルギーになり、飛距離に直結するパワーとなります。
バックスイングは腕を大きく遠くへ上げるなどのようなイメージは捨てましょう。
こういったイメージを持っているとオーバースイングになってしまいます。
飛ばしに必要な事は捻転です。
右膝が動かないように、しっかりと右足の内側で踏ん張るようにしてください。
この練習を行うことによって、軸ブレを防止する効果もあります。
右膝をキックインしてバックスイングをすることのもう1つのメリットは腕が体を同調してバックスイングできるところにあります。
また、スイングテンポもよくありリズムよくスイングすることができるようになります。

俗にフォワードプレスと言われる動きになります。

クラブを持たなくてもこういった練習をコツコツ行うことによってスイングは確実に良くなっていきますので、空いた時間などに行ってみてください。

それでは今回は以上になります。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたい場合、その詳しい方法はメルマガでお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ
メルマガではブログには書いてないゴルフ上達の秘訣を伝授しています。

 

repoto
スポンサードリンク