スポンサードリンク

fuku

ゴルフ侍トシです。

 

今日の福岡の天気は雨、午前中ジムに行ってきて体をいじめてきました(笑)

 

 

まあ、そんな話はどうでもいいとして、
今回もあなたのゴルフ上達に力になれたら幸いです。

 

 

というわけで、今回のテーマは【どうしてフックが出てしまうのか?】についてです。

 

 
フックが出るメカニズムをあなたは知ってますか?

 

 
もしも、あなたがフックで悩んでいるという場合、
今回お伝えするフックが出るメカニズムを理解することで
フックを克服する糸口になりますのでよろしくお願いいたします。

 

 

左手の甲の向きとフェースの向きはいつも同じ

 
多くの人がスライスを克服できたと思ったら
今度はフックに悩まされるということがよくあります。

 
フックとドローボールは違います。

 
同じ左へ曲がる球だとしても、
ターゲットよりもわずかに右に出て、
落ち際に左に少し切れてくる球。

 

 
これが「ドローボール」です。

 

 
このドローボールならいいのですが

打ち出しからまっすぐに出て、10ヤード以上左へ曲がると
これはフックになります。

 

 

フェアウェイの端をうまく使ったら
ランも出ますので、飛距離も伸びるわけですが
少しでも曲がりが多くなると左ラフとか左OBに打ち込んでしまいます。

 

 
これが左に出て途中からさらに左にっ曲がるダッグフック(チーピン)になってしまうと、OBも含めてまずトラブルショットになってしまうと言っても過言ではないです。

 

 

もしかしたら、あなたもこのようにダッグフック(チーピン)に悩んでいませんか?

 

 
とにかく左へ曲がるボールというのは危険がいっぱいなんです。

 

 
フックの原因というのは基本的にスライスの原因の反対の要素を考えたらいいです。

 

 
インパクトの瞬間に、フェースが閉じているのか?

 

 

また、ヘッドの軌道がインサイドアウトになっているという事でもあります。

 

 

前者の場合、その原因はバックスイングにあることが多いです。

 

 
バックスイングの始動からヘッドが腰の高さにくるまで、

フェースの向きをシャット気味にキープするのはいいのですが、

そこからトップまでは右肘をたたみながら、

フェースは自然に少しずつですが開いていくべきです。

 

 

でも、フェースの向きをできるだけターゲット方向へ向ける意識が強いと
右ひじを上手くたたむことができずに、
トップではフェースが極端にクローズになってしまいます。

 

 

この状態からダウンスイングしたら、
フェースが極端に閉じたままボールに当たるので
当然フックしてしまうというわけです。

 

 

逆にボールをつかまえようとして、
フェースの向きをあえてオープンにセットして
そこからインパクトの瞬間に手首を返すことによって
ドローボールを打とうとしているゴルファーも多いですね。

 

 
でも、このスイングは手打ちで、リスクが高いです。

 

 

インパクトでフェースがスクエアに戻るのは一瞬なので、
少しでもタイミングが狂ったら、フックもするし、スライスもする。

 

 

どんなに練習を重ねたとしても
これではいつまでたってもコースではリスクが高く
プレッシャーに負けるなどするともう球は左へ右へとっちらかってしまいます。

 

 
あなたも左へ右へと球がとっちらかっているという場合、
それはもう手打ちになっているということが言えます。

 

 

フェースローテーションなどを意識して手首を返すのではなくて、
フェースローテーションというのはあくまで体の回転と同調して
自然に行われるものだという事。

 

 

そのためには、フェースはスクエアにセットして、
つねに左手甲とフェースの向きが同じであるようにスイングするべきです。

 

 

アドレスの向きを今一度確認してみよう

フックが出る原因として、
ほとんどの人がアドレスで右を向いてしまっているというのがあります。

 

 
これはアマの8割はアドレスで右を向いているというデータがあります。

 

 

ターゲットよりも右を向いているといいますが、
本人はそうとも知らずに、ターゲット方向にボールを飛ばそうとしたら
左に引っ張るような打ち方をするしかありません。

 

 

この打ち方でもっとも多いのが右肩がターゲット方向に突っ込むというものです。

 

 

そうなってくると、両肩を結んだ線はターゲットの左に向くことになります。

 

 

なのでヘッドは外から下りてくるわけです。

 
つまり、アウトサイドイン軌道になるわけです。

 

 

本人は左へ引っ張ろうとしているからボールはそのまま左に出て
スライスせずにさらに左へ切れていってしまう。

 

 

インテンショナルフックを打つときは、もちろんクローズドスタンスで構えますが
本来真っすぐ打ちたいのにもかかわらず、

アドレスで右を向いてしまうとボールは想定以上にフックして当然です。

 

 

ターゲットよりも右を向いて構えて
左へ引っ張り込むアウトサイドイン軌道によって
打ち出された球は左へ出て、さらに左へと曲がっていくチーピンになるという人が多いですね。

 

 
フックが出てしまうメカニズムというのをまずは理解していただきたいと思い、今回書きました。

 

 

あなたがフックが出て困っているという場合、
まずはフックが出てしまうこれらの要素が
自分のスイングに盛り込まれてしまっていないかをご確認ください。

 

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させ、
当たり前に80台、70台を出していける

再現性の高い正しい体打ちを身につけられる詳しい方法は
メルマガ限定でお伝えしています。

 
ゴルフを始めてわずか半年でスコアー82を出したスイング作りのキモの部分を伝授しますよ^^
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク