スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。
前回から引き続き韓国人プロのスイングについてお伝えしていきたいと思います。

今回はキムハヌル選手のスイングを見ていきたいと思います。
まずは左腕が彼女の特徴とも言えるのではないでしょうか?
アドレスできれいに左腕が伸びて、右肘を浮かせないアドレスをしています。
アドレスからテークバック、そしてフォローまでずっと左腕が伸びたままです。

左腕をゆるめずに打とうとしてもトップからインパクトまでの間に緩んでしまうのが普通ですけど、キムハヌル選手の場合はそれでも緩みません。

 

 
これが彼女の最大の特徴だと思います。
左腕を伸ばすと左脇が閉まりやすくなります。
そして、手でチョイっとバックスイングを上げる動きができなくなります。
だからバックスイングを正しく動いていけるというメリットもあります。
つまり手とか腕が勝手に動かないので体と一体化して動くことができます。
これがキムハヌル選手のスイングがボディターンを目指している部分になってると思います。
また手首のコックもほとんど使っていません。

これもボディターンで打ちたいという表れのように思えます。
アドレスでできた手首の角度をキープしようとするスイングをフォローまでこのイメージで振りぬくためには体の深い回転が不可欠となります。

逆に言うとそれぐらい深い回転ができるのでコックをする必要がないということが言えると思います。
このキムハヌル選手のスイングは上半身と下半身の捻転で振る典型的なスイングだということが言えると思います。
かなり体が柔らかい証拠だと思います。
他の女子プロと比較しても彼女の場合上半身の回転が他のどんな女子プロよりも深いです。

トップでは左肩が右ヒザの上まで回っているにもかかわらずオーバースイングになっていませんからね。
これは身体と腕とが一体化しているので上半身の回転力があって、ダウンスイングで左サイドが左に流れることなく、しっかりしているため方向性も良いことが表れていると思います。
このようにスイングすることができると、自分の筋力を100パーセント使ったとしても、打球は大きくぶれることはないと思います。
そして、力を入れても体が付いてきますので、力を入れた分だけ球が飛ぶようになります。

彼女が自然に左腕を伸ばしているのか?
それとも意図的に左腕を伸ばしているのか?
ボディーターンがしたくて左腕を伸ばしているのかは分かりませんが、おそらく小さいころからずっとやり通してきたスイングだと思います。
1年とかそこいらでコピーできるスイングではないと思います。

それぐらい完璧なボディーターンスイングだと思います。
また左腕を伸ばしておくことにメリットとしては、左脇がしまって手と体が一体化して動きやすくなります。

でも、体が硬い方がこれを真似しようとしたら逆効果になると思いますね。

無理に左腕を伸ばそうとしてもこれが力みにつながってしまっては意味がありません。

僕も体が硬い方なので、左腕を伸ばそうとして使うと必ず腕が力んでしまいます。
なので、腕が力んでしまったら体と腕の同調が断たれてしまいますので、バランスの良いスイングができなくなってしまいます。

無理に左腕を伸ばそうとする意識は必要ないので、体が硬いにも関わらず左腕を無理に伸ばそうとするのは逆効果になるのであまりお勧めできません。

今回はキムハヌル選手のスイングについて感想を書きましたが、
参考にしていただけたらと思います。

 

また、関係ない話ですが、キムハヌル選手は容姿も美しいですね。
イボミ選手もキレイですけど、それに負けじと劣らない容姿で僕的には「いいなー!」って思います。

 

最後にあなたが短期間でゴルフを一気に上達させたいという場合、
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフど素人だった僕が半年でスコアー82を出した最速ゴルフ上達法です。

ゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク