スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回は森守洋プロがお伝えしているプレ男レッスンという動画がありましたので、ご紹介したいと思います。

森守洋プロ曰く、ドライバーなどの大きなスイングばかりを練習するのではなくて、小さいスイングでの練習を積み重ねていくことでフルショットも良くなるという事を解説しています。

 

小さいショットからゴルフスイングを導き出していくための方法をお伝えしていくという事ですね。

動画ではショットの中でインパクトゾーンがどのように動いているのかを解説されています。

 

 

ちゃんとアプローチでクラブの使い方が分かったらどう動かしたらどういった球が出るなどが分かってくるという事を解説されています。

 

 

動画ではいきなりレッスン生の人がアプローチショットを打ってみたらダフっています。
ミスの原因として、アプローチショットでフェース面を真っすぐボールに当てるよう意識して使ったらフォローで左手首が甲側に折れてしまうというミスが出やすくなると森守洋プロは言ってます。

 
この左手首が甲側に折れてしまうという動きはすくい打ちになっている証拠でもあります。
要は手首に悪い動きが入っているということですね。
そして、この左手首が甲側に折れるフォローにでもうまく打てる人いますが、球足は基本的に弱くなってフワーっとした弱い球が出ます。

 

 

次にレッスン生にフェース面を閉じるような動きを入れるようにして打たせています。
この時にレッスン生の人は左へひっかけてしまうような気がするということを言ってます。
実際に球を打ってみると左へひっかけそうな気がするけど実は引っかからない。
という不思議な感じがすると言っていますね。
これはフェースの開閉を使って打つ効率の良い動きを入れてあげるということをゴルフ初心者やアプローチが苦手な方にとって、新しい気づきになると思います。
アプローチでボールをうまくフェース面に当てようとして左手首の甲が折れてしまうという人は、このようにフェースの開閉を入れる動きである前腕を回転させる動きを一度真似してやってみるといいですね。

 

 

アプローチが上手い人はこういった前腕の回転とかフェースの開閉とかそういった意識など持たなくても上手く打てるようになりますが、まだアプローチが苦手とかゴルフ初心者の方で左手首が甲側に折れてしまう悪い動きを治すには良いと思いますね。

 

 

コツとしては左手の甲を飛球側と逆に折るようにして、肘から下を回すように使います。

 

 

そうすることによって、インパクトゾーンが長くなって効率よくボールを飛ばすことができるようになるというわけです。
そして、インパクトゾーンが長いという意味について解説されていますが

 

 

インパクトゾーンが長いというのはタイガーウッズであれ、初心者ゴルファーであれ、クラブというのは上から落ちてきます。
クラブが上から落ちてきて地面に当たってすぐに上昇してしまうと、これはインパクトゾーンが短いということが言えます。

 

逆に、アプローチショットなどが上手いという人はクラブが下りてきてなかなか上昇していかないわけです。
こうなってきたらインパクトが点ではなくなってゾーンになっていきます。

 

 

上級者やプロになってくるとインパクトは点ではなくゾーンということをよく言われますが、インパクトゾーンが長くなってくるとボールにうまく自然に当たるようになります。

なので、うまい人はけっこう適当に振っていってもダフったりトップしたりしないというのがあります。
インパクトゾーンをアプローチショットで長く作れるようになってくると普通のショットでもインパクトゾーンが自然と長くなっていくのでダフったりトップしたりというミスがなくなっていくというわけですね。
あなたもインパクトゾーンが点になっているかもしれないという場合は参考にしていただけたらと思います。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、当たり前にスコアー80台、70台を出しいける再現性の高い正しい体打ちスイングを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク