スポンサードリンク

今回は石川遼プロのドライバー講座ということでお伝えしていこうと思います。

細身の体で300ヤードを飛ばしてくる石川遼プロのドライバーのコツをこの動画からいいところは自分の中にい落とし込んで吸収していただけたらと思います。


石川遼プロはハーフウェイバックの時でもしっかり右へ体重は乗せるようですね。
本人がそう言っています。

一回右足にちゃんと体重を乗せるイメージを持っているみたいです。

これは人によりますがこのイメージを持ってバックスイングすると体が右へスエーしてしまう人もいますね。
右へ腰がスエーして右足内側がめくれてしまう人です。

なのでこのような人はバックスイングで右足へ体重移動する意識は省いた方がいいのかもしれません。

クラブヘッドからではなく、下半身でちょっと右へ引っ張ってからクラブヘッドがちょっと遅れてくるというのが石川遼プロのドライバーのポイント。
これは以前お伝えしたドラコンプロの南出プロもこの感覚のことを言ってました。

ヘッドから先に動かすのは気持ち悪いという事を言ってますね。

ハーフウェイバックのルーティンを取り入れるようになってから石川選手はこのルーティンがやめられなくなったそうです。

ハーフウェイバックのルーティンを取り入れているプロはたくさんいます。
僕が一番記憶に新しいのはリッキーファウラーですね。

彼は毎回ハーフウェイバックまでのルーティンをショット前に取り入れています。
石川プロはリッキーファウラーに「かっこいい」と憧れている部分があるのでその影響もあるのかもしれません。
これは僕の勝手な想像ですが(笑)

ルーティンって大事ですよね。
毎ショット同じルーティンでショットすること。

練習でも毎ショット同じルーティンで練習するとコースでも同じように打てるようになる。
次にこの動画ではレイドオフについて紹介されています。

石川プロはクロスからレイドオフに改善しているようです。
自分に合っているハーフウェイバックの形を探してみるのもいいかしれませんが、初心者の場合はそこまで考える必要はないと思います。
肩関節の柔軟性によって人それぞれでトップの形は違いますからね。
レイドオフは海外のプロに多いですね。

クロスしている海外のプロはほとんどいないと思います。
クロスはできるだけ避けたほうがいいと思いますが、無理してレイドオフにする必要もないかと思います。

この動画を見ているとずいぶんタイガーウッズに刺激を貰っているみたいですね。

トップの位置をレイドオフにしてボディーターンで打ってくると自然とハンドファーストになると言ってます。
石川遼プロのアドレスからトップまでの流れをこの動画で確認できます。

ショットまでの流れのルーティンは参考にしてよいと思います。

ゴルフが一気に上達したい場合、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク