スポンサードリンク

 

僕がゴルフを始めた当初、ゴルフスイングのイロハも知らなかったころにどうしたらうまくなれるかをインターネットで調べていた時期がありました。

その時に出会ったゴルフ理論ですが、桑田泉プロのクウォーター理論というものがあります。

初心者ゴルファー向けということなのか?

はたまた、初心者でも急激にうまくなれるのではないか?

期待を膨らませて桑田泉プロのクウォーター理論を実践していたころがありました。

 

ゴルフを始めた当初は知識不足でもありますし、世間には数多くのゴルフ理論があるため、何を選ぶかによって上達が大きく変わって行くと思います。

そして、桑田泉さんの理論を試した結果。

結果はどうだったのか?

結論から言いますと、この理論は僕には合っていませんでした。

 

ちなみにどんなものなのかを以下動画でご確認ください。

 

 

手打ちしろ!

ダフれ!

ボールを見るな!

の三大要素を桑田プロは推奨しています。普通は手打ちや、ダフり、ボールを見ないなんて一般の理論からしたら真逆のことを言ってます。

でも、ゴルフをはじめた年齢にもよるのかもしれませんが、幼いころからプロを目指してゴルフを始めた人は練習の積み重ねによって感覚でスイングを覚えてそれを体がインプットしているので手打ちするな、ダフるな、ボールを見ろが当然ですが、ゴルフを始めた年齢が20代、30代、40代の場合は脳みそでスイングを考える量が増え、子供の頃に比べると頭が賢くなるので言われたことを脳みそでイメージしてから体を動かすため、体でスイングを作っていくのが難しいのでこのように常識とは真逆のことを言ってあえて目線を変えさせてからのスイング作りを推奨していると思います。

 

「なるほど!納得!」

と思いさっそく取り組んでいました。

まずはボディーターンと言われる用語にたいていの人が勘違いすることを知り手打ちスイングから作っていくことが大事であることを自分に言い聞かせながら練習を行っていました。

 

桑田泉さんの理論である

 

「手打ち、足の裏」を口に出しながら練習を開始!

この理論を実践していく中である程度ボールに当たるようになりました。

 

当たるようにはなったのですがドライバーではどうしても飛距離が出ず、そしてスライスも直らず。

アイアンではダフりが止まらない。

打ちっぱなしの練習場では下がマットなのでソールが滑ってくれるためダフっていることに気付いてない状態。

いざコースに出るとダフるダフる。

「なんでだろう?」と考えていました。

当たることは当たるのですが、ショットの安定感がない。

でも、それなりに当たるようになっていたので練習量が足りないと思って打ち込みを続けていました。

結局何が悪かったのかに気づくまではそれほど時間はかかりませんでした。

何が悪かったのか?

それはスイングにタメが作れていなかった。

 

タメが作れていないとはどういうことか?

完全に手打ちになっていて下半身始動でダウンスイングをスタートできていなかった。

 

ダウンスイングを手元からスタートさせていた。

手打ちのため、ダウンでコックをほどくのが早くハンドファーストではなく、ハンドレイトでインパクトを迎えていた。

 

そして、このハンドレイトがタメのほどけにつながり、アイアンではボールの手前にクラブが落ちてダフりになる。

またはそれを嫌がり左ひじを引いてインパクトすると今度はトップが出る。

 

ドライバーでもタメがすぐにほどけてインパクトを迎えるので飛んでくれない。

手を使いすぎるためにボールが曲がるし、方向性が安定しない。

とりあえずは限界があると思って、研究をつづけたところダウンスイングで下半身リードすることで手元が真下に落ちてくる感覚を掴めないことにはうまくなれないという結論に至りました。

トップの位置からダウンで手元が自然落下する感覚。

バックスイングでトップまできたらそこから切り返しを下半身始動で腰の回転からスタートさせる。

するとトップで肩の高さよりも上にある手元が腰を切ることにより右腰の高さまで手元が落ちてくる。

つまりトップからダウンスイングで手元が自然落下して腰の高さまで落ちてくる間に手元は何もする必要はない。

手首を返すわけでもなければ右ひじを伸ばすわけでもない。

逆に手首の角度はトップの位置から変えることなく、また右ひじは伸ばすことなく体につけておく。

以下は桑田さんのスイングの真相という動画になります。

 

これ実践してみて思ったことは、僕の場合トップからの切り返しでこの動きを入れたら手元でクラブを操作してしまいます。

要するにトップからいきなり振り遅れないように右手を返す動きを入れるというものだと思いますが、僕の場合これをやると右ひじが切り返しから伸びていきアウトサイドからのカット軌道になりやすく、トップでできた手元とシャフトの角度(90度)のタメをほどきながらクラブが下りてくるのでダフりやすくなります。

 

ドライバーではシャフトのしなりを感じることができません。

トップから右手を返すという動きを意識しすぎると今度は手打ちになりやすいと思いました。

手元の動き、つまりスイング中の腕のローテーションは自然に入るもので意識していれるものではないと思います。

意識して入れてもいいですが、タイミングがずれるとスイングの再現性を欠くので毎回ナイスショットの確率が下がります。

「それなら練習を重ねてタイミングをしっかり体に覚えこませたらいいのでは?」

と思うかもしれませんが、もちろん打ち込んで体に覚えこませようと努力はしました。

何千球打ったかは数えていないのでわかりませんが、かなりの球数を打ちましたが、いざコースに出ると力みや緊張からうまくいかないことのほうが多かった。

ゴルフスイングを上達させるためには何度も言ってますがタメが必要。

スイングにタメがないとうまくなれないと思います。

 

もちろんタメは意識して作るものではなく、作られるもの。ダウンスイングで手元を使ってクラブを下している間はタメは作れません。

 

僕が実践した感想としては桑田泉プロのクウォーター理論はゴルフスイングで手の使い方がわからない方、手や腕がスイング中にどのように動いていくのかわからない方にとっては腕の動き方をある程度理解できるので良いのかもしれません。

 

初心者の方が腕のローテーションがスイング中にどうなっているのかを理解するうえではいいのかもしれない。

でも、ある程度スイングができてくるともっと上手くなるために手元でクラブを操作するという意識はなくす必要があると思います。

最終的に言えることは上半身は何もしないで、下半身リードで腰を先行して腰の回転で打つというスイングを作れないことには飛距離アップも方向性アップも望めないと思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク