スポンサードリンク

今年も残すところ圧わずかとなってきましたね。

忘年会シーズンでお酒を飲む機会が増えるかと思いますが、飲みすぎ二日酔いには十分お気を付けください。

今回は武市悦宏さんのツイスト打法について僕なりの意見を書いてみたいと思います。

武市悦宏さんと言うとツイスト打法で有名な人です。

手を返すスピードを上げてクラブヘッドを走らせてボールを飛ばすという理論をお持ちの人ですね。

 

ご存じない方は以下動画でご確認ください。

 

 

この動画では堀江さんを飛ばし屋に改造するための趣旨で行っているみたいです。

 

手元を返す動きを積極的に取り入れてスイングを作っていくという理論ですね。

 

ゴルフを始めた当初の僕もこの理論を試してみました。

結果はどうだったのか?

正直なところ僕にはこの理論は合わないと思いました。

 

手元を積極的に返す動きを入れると手元でクラブをリリースする動きが強くなるためダウンスイングの早い段階で手首のコックをほどきながら手元が下りてくるので手打ちになり、ボールの方向性が定まらない。

手首を返すタイミング次第な部分があるのでタイミングがずれると右へ飛んだり左へ引っかけたりと左右に打ちだしてしまいボールの方向がばらつきます。

 

そして、手打ちの感覚が体に染みついていきます。

以前も桑田泉さんの理論のときでもお伝えしましたが、バックスイングからの切り返しで手元は何もしないことが正解だと思います。

武市悦宏さんの手元を積極的にターンさせて打つ理論を実践して練習した結果、僕の場合はコックのリリースが早まりハンドファーストではなくハンドレイトのインパクトを迎える準備をしているようなものでした。

手首のコックを体の右側で積極的にリリースするためにアイアンではタメがダウンスイングですぐにほどけるのでボールの手前をダフるという結果が多かったです。

 

そして、アイアンの基本である上から打ち込むダウンブローの形を作れずボールの先のターフが取れない。

そのため、グリーンでビタっと止まるスピンの利いたボールが打てない。

手元を使ってクラブを操作するという動きを取り入れると手元は器用なだけにどうしても余計な動きをしてしまう。

 

 

なにはともあれダウンスイングは腰始動です。

そこに手元の余計な意識を持つ必要はないと思います。

 

ちなみに僕の友人でこの理論を試して練習していたらスイングがおかしくなって「訳が分からなくなった」と嘆いていた友人もいました。

動画にあるように積極的に手元を返してヘッドを走らせるために、手を返すという意識をもって練習していたようで逆にミート率が落ち、またドライバーもまっすぐに飛ばなくなったそうです。

そして、極めつけは前のスイングの動きを体が忘れてしまい「スイングが分からなくなった」と路頭に迷っていました。

 

今ご自分のスイングがある程度よくなってきていると思っているのであれば下手に実践しないほうがいいのかもしれません。

僕の場合はスイングが崩れたとしてもどこが悪いかの判断基準があるためにまた元のスイングに矯正することができますが、自分のスイングのチェックポイントがまだ理解できてない方にとってはちょっと危険な気もします。

手を返す意識ばかりを持つとスイングにあまりいい影響をもたらしてくれないと思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク