スポンサードリンク

DGRT

ゴルフの練習を重ねるけど右へのミスが直らないという方は今回の内容を参考にしてみてください。

短いアイアンはいいけど、長いクラブになると右方向へのミスが出るということはゴルフ初心者の方には多いものです。

 

そこで、今回はその右方向へのミスをなくすためにどうしたらいいのかを解説したいと思います。

 

右方向へのミスが出てしまう原因としてはクラブを握るときの左手のかぶせ方が原因であり、これを誤ることにより左脇の締まり具合があまくなることが原因と深堀プロは言います。

 

なので左手をかぶせて脇を締めることが大事になるということです。

 

クラブの握りと体重配分を気を付けることによりスライスを撲滅することになると深堀プロは言います。

 

 

左脇を締めることによって腕が体から離れることなく、フェースは開きません。

 

そして、左手を若干ですがストロンググリップで握ることによりスライスを撲滅することができるのです。

 

左手をかぶせることにより左腕が内側に捻じれることになります。

 

すると左脇が締まります。

 

こうすることにより腕と体に一体感が生まれることになるのです。

 

そして、球がつかまるのでスライスを防ぐことになるのです。

またアドレスで大事なことですが、膝を軽く曲げることです。

こうすることにより体重を足の真ん中に乗せることができるからです。

 

かかと体重になると手打ちになってカット軌道のスイングになります。

 

カット軌道のスイングになるとスライスが出やすくなってしまうのです。

 

深堀プロは言います。

 

右へのミスを防ぐためにはグリップをややストロングに握ること。

ストロンググリップにすることによって腕が内旋するので脇が締まる。

 

脇が締まることによって腕と体を一体に使うことができる。ゴルフスイングでカット軌道を直したいという方は実践してみるといいでしょう。

 

また、アドレスで状態に無駄に力が入ってしまったらヒザが伸びてしまいます。

ヒザが伸びるとかかと体重になってしまうので注意しましょう。

 

カット軌道のゴルフスイングになっている方はかかと体重になってないかを確認してみてください。

アドレスでは股関節から前傾することが大事だと深堀プロは言います。

 

こうすることによって前後の体重配分のバランスを整えることができるのです。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

 

repoto
スポンサードリンク