スポンサードリンク

軸ブレしないスイングをするために

今回はアドレスの足の指の使い方について紹介したいと思います。

 

こんな細かい部分まで意識するのか?と僕も考えさせられたゴルフ理論でもあります。

 

僕自身アドレス時に足の指のことなんて考えたこともありませんでした。

 

しかし、足の指の使い方ひとつによりスイング軸がブレないというこを知りましたのでそれを紹介したいと思います。

 

よく、アドレスの時に足の指でしっかりと地面を掴んでアドレスをしなさいということを聞いたことがある方も多いと思います。

 

足の指でしっかりと地面を掴む。

 

僕は足の指で地面を掴むなんて考えたこともありませんでした。

 

でも、ゴルフを勉強していくとこの足の指でしっかりと地面を掴んだアドレというのがけっこう当たり前に言われていることなんだということを知りました。

 

ゴルフ雑誌やゴルフの本などによく書かれていることでもあります。

 

そこで、足の指でしっかりと地面を掴んだアドレスというのがどういったものなのかをお伝えすると、

よく指を丸めて地面を掴むものだと思っている人が多いようです。

 

でも実は地面を掴むというのは足の指を丸める意味ではありません。

 

この逆なんですね。

 

足の指を丸めるのではなくて、足の指を広げた状態にするということです。

 

足の指を広げた状態で構えることにより地面をしっかりとつかむことができる。

jwei4t4

指を丸めてアドレスをすると土台が不安定になってしまいます。

 

土台が不安定になることで余計な動きが入ってしまうのです。

 

余計な動きがスイング中に入りやすくなるので軸がブレてしまうことに繋がってしまいます。

 

ですのでアドレスでは足の指はがばっと広げてつま先体重で構えるということです。

 

足の指に力を入れなくても地面と足がぴったり密着することができるのでスイングが乱れにくくなるのです。

 

軸のしっかりしたスイングを作ろうと思うなら足元から意識する必要があると思います。

 

足の指に力を入れてしまうと土台が安定しない。

 

ゴルフシューズの中で足の指を広げることを実践してみてください。

スイング軸が安定しないという場合はこれをすることで軸ブレを防止することに繋がります。

 

コツとしまして、普段から足の指を開く癖をつけておけばいいでしょう。

 

そうすることにより地面をしっかりつかんで軸のしっかりしたスイングができるようになるでしょう。

たまに裸足になってスイングしてみてください。

裸足になり足の指を広げてつま先に体重を乗せる状態が作れたらしっかり地面を掴んでスイングする意味が分かると思います。

この感覚大事ですよね。足裏で地面を掴むということを聞いたことがある人は多いでしょう。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク