スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達に役立てていただけたら幸いです。

 
というわけで、今回のテーマは【どうしてテンプラが出てしまうのか?】です。

 

 
テンプラが出る理由はいたって単純です。

 

 
テンプラはほとんどの場合がドライバーでしか起こりませんが、ボールではなくてボールの下にあるティーを打ってしまっているというのが直接の原因です。

 

 

では、どうしてボールではなくてティーを打ってしまうのか?

あなたもテンプラが出るという場合は参考にしていただけたらと思います。

 

 
ボールではなくて、ティーを打ってしまう原因としては
スイング軌道がダウンブローになっているからです。

 

 

ドライバーはいうまでもなくティーアップしているボールを打つクラブです。

 

 

 

つまりドライバーの最下点というのはボールの手前にあって、

ヘッドが最下点を過ぎてアッパー軌道になったときにインパクトを迎えます。

 

 

 

これならトップとかダフリはあっても、

まずテンプラはありえませんが、どうしてダウンブローでボールをヒットしてしまうのか?

理由は「打ちに行く意識が強すぎるから」です。

 

 

打ちに行く意識がどうしても強すぎると

ダウンスイングで右肩が前に出てしまって、ヘッドがアウトサイドインの軌道になってしまいます。

 

 

 
つまり鋭角に下りてきてしまうという事です。

 

 
こんなときは、たいてい軸が左にスライドしているはずです。

 

 

左にスエーしやすい人もテンプラが出やすいです。

 

 

 
では、「打ちにいかない」「右肩が出ない」ためにどうしたらいいのか?
頭を右に残すことです。

 

 

頭を右に残す。

 

 

いわゆるビ・ハインドザ・ボールでインパクトの時に
頭がボールの後ろに残っているのは、スイングの鉄則中の鉄則です。

 

 
もうひとつは、テンプラがよく出るというゴルファーはアイアンは得意という中級者に多いです。

 

 

アイアンはダウンブローで打てるのに、そのイメージでドライバーをスイングすると入射角が鋭角になりすぎてテンプラが出てしまう。というわけです。

 

 
アイアンは打てるけどドライバーがテンプラがよく出るという場合、

 

 

 
上から打ち込む意識を捨てて、
体が左へスエーしていないかも確認してみてください。

 

 

たいていの人は体が左へ突っ込んでいってテンプラしてしまっているというのがあります。

 

 
体が左へ突っ込んでしまったら、極端に上から球をつぶすような入射角になってしまいますので当然テンプラが出てしまうというわけです。

 

 
今回はテンプラが出るメカニズムについてお伝えしました。

 

 
あなたがテンプラが出て悩んでいるという場合は参考にしていただけたらと思います。

 

 

最後に僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコアー82を出した
ゴルフが短期間であっという間にうまくなる最速ゴルフ上達法をメルマガ限定でお伝えしています。

 

 
メルマガではブログには書けない濃い内容を伝授しています。
ゴルフ最速上達無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク