スポンサードリンク

こんばんは。
ゴルフ侍トシです。

再現性の高い正しいスイングを作るために、

ハーフショットでの練習なども取り入れていくことをお勧めします。

ハーフスイングというのは実際やってみるとなかなか10球打って10球ともちゃんと打てるという人は少ないです。
けっこうやってみると難しいものなんですね。

ハーフスイングというのは腰から腰の高さのスイングで

とにかく出玉を真っすぐ出すために
とにかく再度スピンをかけずにねじれのない球筋を打つために
イメージは飛球線に向かって2本の木が立っているなどのシチュエーションをイメージして
出玉を真っすぐ出すためにハーフショットで練習してみることをお勧めします。

意外とアマチュアの人はできない人が多いです。

 

 

手を使わずに体だけで打っていくという感覚がでるまでやってみてください。

小さい動作を止めて大きい動作で打つという感覚が出てきます。

 

 

手の感覚だけではうまく芯に当たりませんので

体の感覚で球をとらえるシンプルなインパクト前後が感覚でわかってきます。

 

コンパクトに体全体で打つことを意識して、

5ヤード先の木の間を通すイメージで打っていきます。

次に片手打ちで再現性の高い正しいスイングを作るということ。

 
片手で打つことでインパクト前後を手を使って合わせられなくなります。

 
今回は左手での片手打ちについてですが、
ハーフスイングをしているときになかなか片手では当たらない人が多いです。

 

 

左手1本で打つときはクラブを持っているグリップは強く握って

 
体を動かして打っていくような感覚です。

 
そして、手首がぐらつかないようにします。

できるだけ遠くへテークバックするイメージで体で打っていくという事です。
このハーフスイングと肩て打ちをすることによってシンプルなインパクトを作ることができます。

 

コースでいきなりスイングというものは変えることはできません。

 

普段からこういった地道な練習を重ねることによって、スイングというのは作られていきます。

 

スイングを作っていくことは大事なことで、再現性の高い正しいスイングを作るためにはやはりスイングをいうのは普段の練習から意識して、どうしたら体で正しいスイングを覚えることができるのか?というのを考えながら練習されることをお勧めします。

 

今回お伝えしましたように片手打ちもいいですし、ハーフショットで打つ練習も良いです。

こういった細かいドリルや練習というのを練習場でやっていない人は多いですので、こういった練習を取り入れることによって周りと差をつけることができます。

 
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させたい場合
80台、70台を当たり前に出していくことができる
再現性の高い正しいスイングの作り方はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク