スポンサードリンク

33cb09cd7fc2f303982df16aeb6f52a1_s

 

お世話になります。
ゴルフ侍トシです。
僕が好きなゴルファーである
リッキーファウラーはスイングリズムは2拍子ですね。
再現性の高い正しい体打ちスイングは
スイングリズムが2拍子と相性がいいです。

脚のリズムは「1、2」「1、2」
イチニ、イチニ、イチニ!
という2拍子ののリズムで動いているわけなんで、

スイングリズムも下半身リードでダウンスイングを行う体打ちの場合は
スイングリズムを2拍子にすることで、ショットが安定してきます。

コースに出ると特にリズムというのは大切にした方がいいです。
コースではスイングのことをあれこれ考えるよりも、

スイングリズムのことを考えるようにした方がナイスショットが出やすくなりますよ。
僕はコースではスイングの事はほとんど考えないようにして
スイングリズムを大切にするようになってから

ルーティンにもリズムが出てきますし、

ショットも安定してくるというのを実感していますので、

あなたもコースでは2拍子のスイングリズムを意識してみてください。

もちろん練習の時からスイングリズムを2拍子にして練習するということをおすすめします。

話をリッキーに戻しますが、リッキーファウラーは腕が長いですね。
腕が長いのでハンドダウンで構えているように見えます。

 
腕のローテーションが他のプロよりも強めに入っているように見えますが、

腕が長いのでそのように見えるという事も考えられますね。

リッキーは淡々とフェアウェイをキープして、淡々とアプローチもパットも打っていくリズムが早めの選手ですね。

 

 

トレードマークはニューエラーの帽子に最終日は必ずオレンジ色のウェアに身を包むというリッキーですが、アメリカで絶大な人気を誇っています。
カリスマゴルファーの1人として女性ファンが多いことでも有名ですね。

 

同世代にはマキロイやスピースやジェイソンデイという強敵がいますが、
女性人気NO1はリッキーでしょう。
マキロイとリッキーはゴルフの実力はほぼ互角だと思いますが、
メジャーをまだ取れていないリッキーよりもマキロイの方が実力が上とされていますが、
個人的にはリッキーもマキロイに引けを取らない選手だと思います。

身長は175センチぐらいしかありませんが、
この体で300ヤードを優に超えるドライバーショットを放ちます。

2拍子のスイングでヘッドスピードが速い。

間違いなく今後も活躍する選手の1人でしょう。
ゴルフ以外にもかなり多趣味なリッキーはモトクロスなんかも上手なんですよね。

 

 

これはかなり若いころですが、

多趣味なリッキーはゴルフ以外も色々な魅力があって僕は好きなんです(笑)

 

今回はリッキーについて雑談みたいな内容になってしまいましたが、
あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前にスコアー80台、70台を出していける

再現性の高い正しいスイングを身に着けたいという場合、
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

 

 

repoto
スポンサードリンク