スポンサードリンク

daun

 

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のために
よろしくお願いいたします。

 
というわけで今回のテーマは【シャフトのしなりは4つに別れる】です。

 

シャフトは毎年多くの新作が発売されています。

 

 
ドライバーのシャフトだけでも膨大な数がありますね。

 
その中で見極めていただきたいのですが、しなり方の種類です。

 

 
シャフトのしなり方は大きくわけて4つのタイプがあります。

 

 

 
その4つのしなり方とは
シャフトの先端がしなる「先しなり」。

シャフトの中間部がしなる「中しなり」。

シャフトの手元側がしなる「元しなり」。

手元と先端の両方がしなる「両しなり」。

 

 

これはもちろんシャフトのメーカーとかモデルによっても微妙にしなり方は違います。

 

 
でもこれはやはり打ってみないことには分かりませんので「味付け」の部分でもあって、はじめはこの4つのしなり方からあなたもご自分のスイングに合ったしなりの特徴を選ぶことが可能です。

 

 

 

こういったシャフトのしなりの意味とかしなり方を知っているだけでもスイングに生かすことができるのではないかと?など考えるとゴルフがまた楽しくなります。

 

 
もちろん「シャフトのしなりなんかどうでもいいし、興味がない」という場合は、スルーしていただけたらと思います。

 

 
気軽にスルーしちゃってくださいな(笑)

自分のスイングに合ったシャフトを選ぶ

 
あなたが自分に合ったシャフトを選びたいというのであれば、
先ほどお伝えしましたように4つのしなり方がポイントになりますよ。

 

 
まずは「先しなり」なんですが
これは文字通りでシャフトの先端がしなるわけですよ。

 

 
なのでヘッド側が動きやすいシャフトなんですね。

 

 

 

そして、加速感をもったスイングになりますので、
しっかり振り子をイメージしたスイングが出来る人に向いていると言えます。

 

 

 

また、力がない女性とかそういった方には先しなりのシャフトを生かすことによって飛距離を出すことができます。

 

 
また、多いのがスライサー。

 
スライサータイプの人はボールがつかまらないので、先しなりのシャフトにすることによって、つかまった球を打てるようになります。

 

 

そしてこの反対が元しなりです。

 

 

これはヘッドからもっとも遠いグリップ側にしなりのポイントがあります。

 

 

先しなりに比べてゆったりしなる感じがあります。

 

 
先しなりに比べてクラブヘッドが加速するというよりは、クラブ全体がゆったりしなる感じですね。

 

 
だからしなり戻りが緩やかなので、「ボールがつかまりすぎない」というメリットがあります。

 

 

ですので、先しなりとは逆にパワーヒッター向きということが言えます。

 

 
そしてヒッカケに悩む人に向いているシャフトになります。

 

 
そして、その「先しなり」と「元しなり」の中間部分に当たるのが「中しなり」です。

 

 

これは最も癖がないシャフトでオーソドックスなスイングをする人に向いているシャフトです。

 

 

なので、先しなりでも、元しなりでも合わない人というのは、この中しなりを試す人が多いです。

 

 

 

最後に両しなりですが、

これは先端側と手元側の両方がしなるわけです。

 

 
シャフトメーカーから明確な表記がなくて、「中しなり」に分類されていることが多いですね。

 

 
これは「先しなり」のヘッドの加速感を「元しなり」の安定感の両方の特徴を持っています。

 

 

でも、癖があるしなり方をしますので、「中しなり」表記されているので、誤って選らんでしまいがいなんですが、この「両しなり」というのはもっとも合う合わないが分かれるシャフトです。

 

 

今市販で売られているシャフトはこのように4つの特徴があります。

 

 
あなたもシャフトを購入する際はこういったことを考えながらその特徴と自分のスイングの事を考えて選んでみるといいですね。

 

 

ちなみに、シャフトにそれほこだわりを持たなくても
再現性の高い正しい体打ちスイングができていたら、なんでも使いこなすことができますよ。

 

 

今まであなたがシャフト選びに興味がなかったとか、どういったものが自分に合っているのか分からないというのであれば、参考にしていただけたらと思いますね。

 

 
でも、僕としてはやたらと道具にこだわりを持っている人がいますが、
「道具にそんだけこだわる前に、まずはスイングを見直した方がいいよ」と思うんですね。

 

 

ちょっと冷たい言い方になるかもしれませんが、

道具に頼るのではなくて、まずは自分の技術を磨いておくことです。

 
道具だけ一流でも腕がなかったらもったいないですからね。

 

 
そういった意味でもゴルフを楽しむためには、再現性の高い正しいスイングを身に着けられることをお勧めします。

 

 

最後に僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82をマークした
再現性の高い正しいスイングを作る方法はメルマガ限定でお伝えしています。
メルマガではブログには書いていない濃い内容をお届けしています。

 

 
あなたもスコアアップして周りのゴルファーを圧倒して優越感にひたってみませんか?
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク