スポンサードリンク

innpakuto4

 

どうもゴルフ侍トシです。

マッスルバックはカッコ良さからゴルファーの心を虜にするアイアンだと思います。

そして最近のマッスルバックは打ちやすいということも耳にします。

 

でも個人的には使いこなすにはそれなりの技術と練習量が必要になると思います。

 

打感が良くて見た目がいいマッスルバック

最近は優しいアイアンのラインナップを見ていると思うことですがマッスルバックなどのアスリートモデルが充実しています。

マッスルバックは見た目がかっこよくて、また打感が良いことに目が行きがちですね。

でも、一番の特徴としてはスピン量が多くて球をコントロールしやすいことがあげられると思います。

 

ドローボールやフェードボールの打ち分けはもちろんのことですが、球の高さや距離を自在に打ち分けることができると思います。

 

ツアープロの中でも最近はマッスルバックを使用するプロが増えていますが、それはボールが低スピンかになったことが一番の要因だと思います。

 

ドライバーで飛距離を伸ばすためにボールのスピン量を減らしたことによってプロが必要とするアイアンのスピン量が確保できなくなってしまったのだと思います。

 

これを補うためにはマッスルバックを使ってスピン量を増やしてボールをコントロールするというわけですね。

 

マッスルバックは操作性は高いが飛ばないと言われていますがそんなことはないと思います。

技術があればマッスルバックを使いこなせる

重心度が低いためパワーがボールに伝わりやすいのでロフトを立てて打ったり、または球を押し込んで打つことができるのでプロみたいなパワーと技術があるなら十分に使いこなすことができると思います。

 

でも、マッスルバックはミスヒットにはとてもシビアなので入射角がずれたりしたときには距離と球質が大きくずれることになります。

 

操作性が高いということは自分の意思でボールをコントロールすることができるというメリットがあるのですが自分の意思通りのショットができなかった場合には予想以上のミスショットにつながることがあります。

 

なので「最近のマッスルバックは昔に比べるとやさしいよね」という人がいますがこれは本当に昔のクラブと比較しているだけだと思いますし、アスリートモデルとしての本質部分は特に変わっていないと思います。

 

なのでほとんどの人にとってマッスルバックはデメリットが大きいのではないかと思います。

僕的にマッスルバックではなくて一般的な飛び系のアイアンをおすすめします。

 

いまどきの飛び系のアイアンはロフトが立っているのに球が上がりやすくてなおかつミスヒットに強いためアイアン本来の目的であるセカンドショットからの距離の打ち分けによってグリーンを狙う、もしくはグリーンに乗せることがやさしく実現可能だと思うからです。

 

単にアイアンで飛ばしたいというだけではなくて、スコアを重要視する人にとってはマッチしていると思います。

 

なのでどうしてもマッスルバックを使用したいと考えている人はコンボアイアンという選択肢を持つといいかもしれません。

 

というのは7番から下の番手はマッスルバックで6番から上はやさしいキャビィディとかユーティリティにすることで短い番手はグリーン狙い専用で長い番手は楽に球を上げることができるようになると思います。

 

ゴルフの楽しみ方としては自分の好きなクラブを使用するのも一つの選択肢だと思います。

 

単に見た目のカッコよさだけでマッスルバックを選ぶことを否定するつもりはありませんが少なくともミスが出ても道具のせいにしないでそれを打ちこなすだけの練習を積まないといけないと思いますし、それができる人が使うべきものだと思います。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人が半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク