スポンサードリンク

今回は普段の生活の何気ない行動がゴルフの上達に結び付けることはできないか?

これについて考えてみたいと思います。
例えば電車の手すりをイメージしてみましょう。

 

oewf4twg4

ゴルフ勘を忘れないために、

ゴルフをしない日でもクラブを握ることは大切だと思います。

でも、なかなかできない人も中には多いでしょう。
なのでなかなかできない人は電車の手すりをクラブを握るようにグリップしてみましょう。
握るのは左手です。
左手はスイングをリードする役目があります。

なので常にゴルフの勘を持たせておきたい大事な部分だと言えます。

電車の揺れに我慢する瞬間にギュっと力を入れます。
これがインパクトの感覚に似ているというわけです。
ポイントとしては手すりもグリップと同じように指で握ることです。
そして、力を入れないことが大事です。
席が空いていても座らずに手すりを握ってみる。
これがゴルフ上達のポイントになります。
スイングをリードするのは左手です。

なので指で握って感覚を養いましょう。
握り方のポイントは指で握る。

そして電車の中でグリップの形を覚えておけば実際のスイングでリストターンがスムーズに行えるようになります。
手すりは太いため手のひらで握りがちですが、
ゴルフのグリップも手のひらで握ってしまってはインパクトでフェースがかぶりやすくなります。
そして、フェースがかぶりやすくなるとクラブヘッドが走ってくれません。

電車の中で手すりを左手で握る習慣をつけることで日常生活からゴルフを意識した練習ができるというわけです。

ゴルフ勘を養うためにも意識して電車の手すりをグリップしてみましょう。

左手でリードする感覚を身に着けていくとスイング中に右手が悪さをしなくなるので、たかが電車の中で手すりを握るだけだと思って、バカにできません。
日常生活でもこのようにゴルフ上達に直結できるちょっとした練習ができることを覚えておいてほしいです。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク