スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回はインサイドインのスイング軌道を作るために大事な事として右肩の動きについてお伝えしています。

右肩の動きによってダウンスイングのタメもそうですが、ハンドファーストのインパクトが可能となります。

 

ダウンスイングで右肩の動きた止まってしまっている人や、右肩が前に出てしまっている人がいます。

だいたいこの2パターンに別れますね。

右肩を前に出ないようにしなさに。ということをよくレッスンなどで言われますが、右肩を前に出ないようにすると右肩の動きが止まってしまいます。

では、右肩はどう動かしていったらいいのか?

これについて動画でお伝えしているのでご確認ください。

右肩というのは目標に向かって押し込んでいくような動きが必要となります。

右肩が押し込まれていくことによって、インパクトで右ヒジが曲がったハンドファーストのインパクトが可能となり、結果的に左へクラブを振りぬいていくスペースができますので、インサイドインのスイング軌道になります。

 

このインサイドインのスイング軌道ができればボールもほとんど大きく曲がるという事はなくなっていきますし、方向性も安定しますので本番に強いスイングになります。

よくインサイドアウトのスイング軌道で良しとされている人もいますが、スイング軌道は絶対にインサイドインの方がいいです。

どんなシチュエーションでも曲がらないという自信を身に着けるためにはスイング軌道はインサイドインで作っていくことが重要です。

 

ゴルフ初心者の場合は右肩が前に出るアウトサイドインのスイングになりがちですが、それが克服できてインサイドから下せるようになると今度は右肩の動きが止まってインサイドアウトに手元が動いてしまうのでインパクトを手元で合わせる動きが入ってきます。

 

いわゆるフリックするというのはこういう理由から来ています。

インパクトで右ひじを曲げて前傾姿勢を維持しようと思っても、これがなかなかできません。それは右肩が目標に向かって動いていかないというのがあります。

 

今回動画でお伝えしていることをぜひ考えてみてください。

そして、あなたがこれから短期間で一気にゴルフを上達させて当たり前に80台、70台をスコアーを出していきたいという場合、僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したスイングを作る詳しい方法をメルマガ限定でお伝えしていますのでメルマガ登録しておいてくださいね^^

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク