スポンサードリンク

前回の記事で上半身は積極的に動かしてもいいのですが、下半身は動かさない方が良いという話をしました。

ゴルフスイングでは動かす部分と止める部分の両方を考えスイングすることが大事です。

そのため、上半身を「動」とすると下半身は「静」となる。

右ひざ不動のスイングでは右ひざから下以外は捻転により動きます。

これはあくまで上体がねじられることによりそれにつられて動いていきます。

なのでこの「動」そして「静」の感覚を掴むためにやはり右ひざ不動のスイング感覚を身に着ける必要があると思います。

そのための良い練習方法があるので紹介したいと思います。

 

まず両手を広げクラブを地面と平行に持つ(飛球線に対しても並行)

それから、下半身をどっしりと安定させたまま左手をバックスイング方向へとどこまでも押していきます。

そうすることで上体は両手が動くために自然と肩が入っていきます。

そしてそれにつられるように下半身も動き始めます。

右ひざが苦しいと思いますが、動かさないようにしてください。

 

右ひざの位置はアドレスで決めた位置から動かさないことです。

この練習をすることにより上体の動かし方と右ひざ不動の下半身の動かされ方が分かってくると思います。

下半身を止めるという感覚を掴めるようになるかと思います。

ゴルフはボールが止まっています。止まっているボールを打つためには下半身は不動の感覚で打たなければなりません。

下半身を必要以上に使ってしまうと打球が安定しない。

体をゆすって大きくフットワークを使って打っている人もいますが、僕がそれを真似すると打球の方向が全く定まらなかったのです。

なので、こんな経験からも下半身は極力必要以上に動かさないことが大事だと思うようになりました。

 

それまでの僕は腰を45度回し、肩は90度回すものだと思っていました。

だから、テークバックをスタートさせた時点で肩も腰も同時に回す感覚でスイングしていました。

その結果、力むとインサイドにテークバックが入りすぎてしまったり不安定なトップの形ができることが多かった。

また、インサイドにクラブが入りすぎることで、ダウンでは外からクラブが下りてきてひっかけが出ることもしばしばありました。

そこで、右ひざを止めてスイングしてみるとうまくいくことに気づきました。

でも、止めることだけに意識を向けると上半身に力が入って体を上手くねじることが出来ません。

そこで、下半身の一点だけを止めるという意識を持ち「右ひざだけを止める」という意識を持つとうまく柔軟性を生かして振りぬけるようになった。

人の体の柔軟性は人それぞれなので、肩を90度ねじるという感覚は捨てねじれるところまでねじることに決めました。

その結果、テークバックがスムーズに上がるようになりトップの位置もコンパクトに収まるようになり結果的にボールが方向性が安定してきました。

右ひざ不動のスイングができるようになると、右ひざに疲労感を覚えるようになります。

そして、腰の上の左右の筋肉にも疲労感を覚えるようになります。

この部分に疲労感を覚えるようになると腕の振りが良くなっている証拠であると思っていいでしょう。安定したスイングができるようになっているということです。

 

ゴルフを短期間で一気に上達させたいという場合、その詳しい方法をメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガではブログには書いていないゴルフ上達の秘訣を伝授しています。

repoto
スポンサードリンク