スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

今回の動画では、スイング中の腕の動きを整える方法をお伝えしています。

要はゴルフスイングの正しい腕の動きを覚えるドリルということです^^

腕の正しい使い方を覚えられるドリル

この動きを行ってみてください。

 

体の前で腕を時計回りに右腕(右打ちの場合)をグルグルと回してみてください。

この腕の動きがスイングそのものです。

というのも、ダウンスイングで腕というのは自然と旋回していきます。

いつもお伝えしていますように前腕が捻じれるように旋回していくことによって、ゴルフクラブのフェースでボールをつかまえていくことができます。

動画の動きを真似してください^^

あなたがクラブは上から下に振り下ろすという感覚でスイングしているというのであれば、おそらくアイアンではダフリが多く、ドライバーではスライスやテンプラが出ることが多いでしょう。

ゴルフクラブは上から下に向かって振り下ろすという意識ではなくて、トップから下半身で切り返して来たらシャフトは寝ながら下りてきます。

このシャフトが寝ながら下りてくるという動きがクラブをインサイドからボールにアタックしていける重要なポイントになります。

そのために、今回の動画でお伝えしていますように、腕を体の前でグルグルと回して使うと、自然とこのダウンスイングの正しい腕の使い方になります。

そして、クラブを持って同じように体の前でグルグルと回してみてください。

すると前腕が勝手に捻じられて回転しているのが分かると思います。

 

腕の使い方が分かるとゴルフはやさしくなる

下半身から切り返しても腕が間違った動きをしていたら再現性の低い手打ちスイングになってしまいます。

それこそ、ゴルフ初心者の場合腕の正しい使い方を覚えることは大事。

腕を正しく使えないから方向性も悪く飛距離の出ないゴルファーが出来あがってしまう。

あなたがいまドライバーで250ヤード飛ばすことができない。

200ヤードちょっとしか飛ばない。

アイアンではダフリやトップが出る。

7番アイアンで150ヤード飛ばない。

こんな具合ならそれはもう手打ちであり、再現性の低いスイングであるということが言えます。

正しい腕の使い方を覚えるだけでもスイングはかなり変わりますし、ゴルフが優しくなります。

初心者ほど腕を正しく使う練習が必要

動画でもお伝えしていますように、腕を正しく使う練習をしてみてください。

アウトサイドイン軌道が克服できない人も正しいスイングを体で覚えるためにこういった腕を正しく使う練習を積極的に行ってみてくださいね^^

いつもお伝えしてますように、ボールをフェースに直角に当てる意識が強いとアウトサイドインの軌道というのは克服するのが難しくなります。

フェース面をボールに対して直角に当てに行きたくなる気持ちはわかりますが、まずはボールを真っすぐに飛ばそうと思うばかりではなくて、正しい体の動きに目を向けて、今回お伝えしいますようなドリルを行うことが結果的にゴルフの上達を加速していきますので、騙されたと思ってやってみて下さいね^^

最後に、あなたがこれから短期間で一気にゴルフを上達させて、当たり前に80台、70台を出していきたいという場合、は動画でもお伝えしていますようにメルマガ限定でその詳しい方法をお伝えしています。

僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82を出したスイング作りのキモの部分も伝授しています^^

ゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク