スポンサードリンク

33cb09cd7fc2f303982df16aeb6f52a1_s

 

ゴルフ侍トシです。

ゴルフスイングで右わきを締めることって大切だということを
言われている人は多々いますが、
実際に右わきを締めるという意識とかイメージというのは持つ必要があるのか?

 

これについてお伝えしていきたいと思います。

 

 

右ワキを締めるというのはアドレスからバックスイングをして
トップに行ったときに、「右ワキを締めろ」と多くの方が言われています。

 

 

要はトップで右ワキが開かないようにしなさいということなんですね。

結論言いますと、正しいバックスイングができますと
トップでは右ワキというのは適度に閉まっている状態になっているということ。

右わきを締めろと言われて
トップで右わきをがっちり閉めようとすると実践したら分かりますが
とても窮屈なトップになってしまいますし、
また、体を正しく捻転するためには右ワキというのは適度に閉まっているという上体が望ましいということが分かるはずです。

 

逆に右わきをがら空きにするとトップではシャフトが飛球方向に対してクロスするいわゆるオーバートップになってしまったり、またはフライングエルボーと言われる右肘が突っ張った状態になって左手首が甲側に折れてしまい、その結果トップではフェースオープンになってしまうのが分かると思います。

 

 

なので、あなたがバックスイングで右ワキを締めることを意識しているのであれば、

そういった意識やイメージというのはまず持つ必要がなくて、

右ワキというのは正しいバックスイングができたら勝手に適度に閉まった状態になるという事

をまずは理解していただきたいと思います。

 

トップで右ワキががら空きになるという人はバックスイングが間違っています。

正しいバックスイングができずに腕や手でクラブを担ぎ上げるようにバックスイングしている

ことが言えます。

 

 

そして、体を正しく捻転することができていないのでオーバートップになって結果的に手打ちになってしまいます。

 

 

トップでは右ワキというのは適度に閉まっています。

 

この右わきが適度に閉まっている状態を体感するトレーニングとして
右わきにタオルやヘッドカバーなどを挟んでスイングしてみましょう。

 

そうすることで、右ワキがトップでがら空きにあるという癖や悪い動きを矯正する効果があります。

バックスイングで右わきを開けないようにとか、
トップで右わきを開けないようにとか、そういった意識持って練習されるよりも

右わきにタオルやヘッドカバーなどを挟んでスイングすることで、

右わきを締めるという意識とかイメージなどは必要なく

正しいバックスイングの動きを体で覚えていくことができますので

スイングというのは頭であれこれ考えるのではなく、体で覚えた方がより上達も早いのでそう

いった意味でも右ワキが空くとかがら空きになるという場合はこのようなトレーニングを行っ

てみることをお勧めします。

 

ゴルフスイングというのは何を意識するかとか、イメージするかによって

体の動きは変わっていきますが、基本的には意識やイメージも大切ですが

それ以前に体が正しい動きを行うための練習やドリルを行った方が上達は速いです。

 

 

今回はゴルフスイングの右わきについてお伝えしましたが、

これは他の部分でも言えることです。

 

 

例えばダウンスイングで左脇を締めるとかもそうですね。

正しいスイングができたら結果的にインパクトで左脇は締まります。

 

左わきを締めようなどと意識したりイメージするということは

スイングを難しくしてしまいますし、それらの事を考えながらの練習よりも

まずは正しいスイングを作るための練習やドリルを行うことによって、

結果的に左脇がインパクトで締まるようになるということを知っておいていただけたらと思います。

 

ご自分のスイングの欠点を克服するためにあなたも試行錯誤されていると思いますが

そういった部分はやはり正しい練習を行うことによって

体というのは正しい動きを覚えていきますので、まずは再現性の高い正しい体打ちスイングを

作るということを目標にされた方がいいですね。

 

 

あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前にスコアー80台、70台を出して

周りのゴルファーをスコアーで圧倒し優越感に浸りたいというのであれば
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分を伝授いたします。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク