スポンサードリンク

igrr

テークバックでは右ひざを動かさないことを話しました。

右ひざ不動のテークバック。

今回はダウンにかけての左ひざについて話していこうと思います。

下半身をできるだけ止めて打つことを話してきました。

下半身不動のスイングができるようになるとボールの方向性が安定してきます。

下半身を止めるイメージをもっていても実際は上半身の捻転により下半身もスイング中は動いています。

でも、動かしっぱなしではいけない。部分部分で止める必要があるのです。

それがテークバックの時に右ひざを動かさない。

そして、今後は左ひざをダウンで動かさないことです。

以前の記事ではテークバックで止めるべき右ひざについて書きました。

 

トップオブスイングまで右ひざは不動の感覚を保つこと。

そして、ダウンからインパクトフォローにかけて今度は左ひざが止まる感覚があるといいと思います。左ひざが止まることにより軸が作られます。

バックスイングで左ひざは右ひざに寄っていきます。

ダウンスイングでアドレスの位置に戻ったらそこで止める感覚が大事です。

そして、右足の強烈なケリを受け止める。

左ひざでこの右足のケリのパワーを受け止めることによりパワーが下半身から上半身の腕に伝わりそれがクラブへと伝わっていきます。

 

アドレスの時に左ひざを止めること。

そうすることで振りが鋭くなるのです。

下半身を止めるというので勘違いしがちなのですが、「下半身は使わないの?」と思われる方がいます。

下半身は積極的に使います。

でも、下半身を積極的に使うというとアマチュアの方はこのような勘違いを起こしやすいです。

一般的によく言われるのがニーアクション。

ニーアクションはひざをどのように動かすかということですが、これを聞くとだいたいひざを動かしすぎてしまいます。

ニーアクションと聞いてインパクトで積極的に膝を動かすものだと思って必要以上に両膝を送り込んでしまいます。

このようにスイングしてしまうとわざと飛ばないように打っているのと同じです。

だから、スイングの時には下半身はどのようにして止めるべきなのかを考えることです。

そこで重要となるのがテークバックの時に右ひざを動かさない。

アドレスと同じ位置でキープさせておくこと。

そしてダウンでは左ひざを止めて踏ん張るということ。

腰を切ってスイングすることでパワーが生まれますが、それには支点がないといけません。

そこで、支点となるのが左ひざとなります。

ダウンスイングで腰の切れを作るために右ひざを押し込んでいきます。

右から押し込んでいったパワーを今度は左ひざで受け止めるのです。

そうすることで、腰へパワーが生まれ腰が切れるのです。

左ひざを流してスイングするとパワーが逃げていきます。

左ひざを止めて打つというのがイメージしにくい方は、以前もお話ししましたが「下半身を止めて打つ」を意識するといいでしょう。

ダウンからインパクトで左ひざで受け止める感覚が出てくると、腰が切れてパワーが伝わるので腕の振りがかなりシャープになってくると思います。

この感覚がつかめるようになると上半身の動きにつられて腰が水平運動していく感覚が分かるようになると思います。

テークバックでは右ひざ、ダウンでは左ひざを止めるということができるようになると軸のブレない安定したショットが打てるようになると思います。

 

あなたがゴルフを短期間で一気に上達させたいという場合、

正しいスイング構築の詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

もちろん無料です。

メルマガではゴルフ上達に役立つ特典レポートもお配りしていますのでお楽しみに。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

repoto
スポンサードリンク