スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためにお力になれたら幸いです。

 

というわけで、今回のテーマは【バンプができるとスイングが覚醒する】です。

 

よくゴルフスイングではトップからダウンスイングにかけての一瞬の動作の中でバンプしなさい。

ということを言われたり聞いたりしますね。

 

 

あなたもこの「バンプ」という動作を練習されているかもしれませんが、結論言いますとバンプができないとスイングは良くなりません。

 

そこで、バンプという動きについてなんですが

そもそもバンプというのを意識して練習される方が多いですが
意識してバンプを練習されるという事はおすすめできません。

 

バンプ=腰の平行移動。

 

 

このように多くは表現されますが、
トップからダウンスイングにかけて一瞬の動きの中で
腰の平行移動などを意識したところで

待っているのは左へのスエー、もしくは左への突っ込み。

腰を平行移動させようと思ってトップからこのような意識があると
ほとんどの人が軸が左へ突っ込んでいったり、
ただ、左へスエーしているだけという動きになってしまいます。

切り返しから腰を平行移動?

バンプをしなさい!

腰を平行移動させなさい!

そんなこと言われて正しくできる人はほんの一握りだと思います。

 

僕の結論としては、そもそもバンプというのは正しいスイングができていたら勝手に起きるものであって意識する必要がないということが言えます。

ではバンプができていない人のスイングはどうなっているのかというと、バンプができていない人の場合、よく言われる「明治の大砲打ち」とか「ギッタンバッコンスイング」など、このようにトップから逆に軸が右へ倒れてしまう人の人のスイングを言います。

 

このギッタンバッコンとか明治の大砲打ちになってしまう理由として多いのが、ボールを上げようとする意識から来る部分が大きいと思います。

バックスイングからトップへ行き、

そこから下半身リード(左ひざを伸ばしながらインパクトに向かっていく)で切り返して来たら自然と腰というのはほんの少しですが左へ平行移動します。

これがバンプなんですね。

これが正しいバンプの動きになります。

左ひざを伸ばしながらダウンスイングというのが分かりづらいというのであれば、右腰をボールにぶつけるつもりでダウンスイングしてくればOKです。

そうすると自然と左ひざはフォローに向けて伸ばされていきます。

詳しい右腰の説明はこちらになりますので見ておいてください。

なので、仮にあなたがバンプを意識して、腰をダウンスイングで左へ平行移動しようなどと意識すれば、間違いなく軸が左へスエーしてしまってインパクトで詰まってしまうでしょう。

バンプなんて意識しなくていいと思います。

 

軸が左へ移動するとインパクトが詰まる

インパクトが詰まったら腰の回転が止まってしまいますので振りぬきが悪くなって左ひじが引けたり、フォローで左ひじが抜けたりして窮屈なスイングになってしまいます。

そしてフィニッシュではバランスを崩してしまいやすいです。

 

よくプロのスイングを動画でスローで見ていると
ダウンスイングで腰がほんの少し左へ平行移動している(バンプ)ので、これを真似しようと思って意識すると、ただ左へ軸が移動するとかスエーするという結果になってしまうんですね。

 

そもそもダウンスイングで左ヒザをインパクトに向かって伸ばすように使ってみると分かりますが、この時に腰というのは先行していきます。

もしくは右腰で打つイメージでダウンスイングしてくると、勝手に腰が先行してくれます。

 

この腰が自然と先行していく動きが腰が平行移動しているように見えるわけですので、自から腰を飛球方向に突き出すような意識とか、動きというのは持たないでいただきたいと思います。

よく言われるのがバンプは腰の平行移動。

 

この言葉のとらえかたを間違ってしまったら、スイングを難しくしてしまいます。

そして、再現性の高い正しい体打ちスイングはできません。

 

腰を平行移動するなどという無駄な意識など持たないでOKです。

 

左へのスエーが癖になるとゴルフにならない

腰を平行移動させようものなら左へスエーするだけで、

悪い意味でも振り遅れになってしまいますので、

結果的にインパクトの一瞬までに腕や手元を使ってクラブフェースをスクエアに戻そうとしてしまいます。

 

 

悪い振り遅れをとっさに修正しようとする動きを入れてしまいますので結果的に手打ちになってしまうわけです。

よくダフる原因はバンプができていないから。

とか言われますが、確かにバンプができていないというのはありますが、それは先ほどもお伝えいたしましたように、「ギッタンバッコンのスイング」になっていたり、「明治の大砲打ち」のようなスイングになっていたりする場合での話ですので、あなたがトップからダウンスイングで無駄に腰を左へ平行移動させようなどの動きを練習されているという場合、今日からそんな意識やイメージは必要がないという事を理解していただけたらと思います。

 

バンプというのはあくまで勝手に発生する動きである。ということです。

トップから左ひざを伸ばしながらインパクトを迎えることによって、
勝手にバンプが起こり、腰が左へ平行移動しているように見えるということです。

もしくは、右腰で打つつもりでダウンスイングしてくることによって、勝手に発生します。

 

なので、あくまでもこのバンプという動きの意味を勘違いしないでいただけたらと思います。

バンプができないとダメと言われますが、そもそもバンプなどの専門用語を知らない上級者はたくさんいますからね(笑)

だから、気にする必要はないと僕は思います。

トップから腰を目標に向かって平行移動なんて考えながらやると、どんどん訳が分からない動きになって、無駄に球数を打って変な癖を体に覚えこませているようなものです。

そんなことよりも、正しい腰の回転を覚える方が先です。

正しい腰の回転を覚えることができたら、そもそもバンプなんて気にする必要はなくなりますからね。

正しい腰の回転を覚える方法はこちらから確認しておいてください。

アマチュアの多くが正しい腰の回転ができてない

腰を回そうとしてスイングされている方が多いですが、

腰を回そうとしても腰は正しく回転してくれないのがゴルフスイングが奥深いと思われるところでもあります。

僕も腰を回せとか言われてきたので、そういう意識やイメージで昔練習していましたが、これではまったく正しい腰の動きを覚えることができませんでした。

なので、先ほども言いましたが、まずは正しい腰の動きから覚えるという事をやったほうが、下半身の正しい動きが身につきますので、スイングの土台ができるわけですから、上達が加速していきます。

 

色々と長くなりましたが、今回は簡単にバンプについての動きの意味をお伝えいたしました。

結論言うと、バンプは気にしなくていいので、あなたが今バンプについて悩んでいるという場合は、すっきり忘れた方がいいと思います。

バンプを意識したところで、下半身の動きが良くなることはないと思います。

 

あなたが再現性の高い正しいスイングを作るために役立てていただけたらと思います。
最後に短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前にスコアー80台、70台を出していくために

再現性の高い正しい体打ちスイングを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分を伝授しますのでご期待ください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク