スポンサードリンク

aaagegie

ゴルフ侍トシです。
前回の続きです。
【良い振り遅れ】の条件として
手元を低く保つことをお伝えしましたが
この動きはスイングに置いてとても重要なポイントになります。

 

スイングを飛球線後方から見たときに
アドレスの時の腕とクラブの角度をインパクトでもキープすることができる人は
手元が低い位置を通過している証拠になります。

 

 

ほとんどの人がスライスに悩んでいます。
なぜなら、例外なくインパクトで手元が浮き上がっているからです。

 

そして、フェースが開いてしまっています。

 

この動きはスイング中に前傾姿勢を保つことができないことと
相互関係にあります。

 

 

あなたもスイング中に上体が起き上がってしまっていませんか?

上体が起き上がってしまったら、クラブヘッドがボールに届いてくれません。

 

 

そして、それを避けるために、無意識に手元を浮かして

トゥダウンの状態を作り出してしまっているのです。

 

これは「振り遅れて手元が浮くとそのままではダフってしまうので上体を起こしてアジャストする動きと表裏一体です」

 

どっちも同じ現象を引き起こしてしまいます。

 

 

解決策としてはいずれも手首の角度をキープして
前傾角度を崩さないようにスイングするという事。

 

 

ダフリを恐れることなく手元を低い位置に、
そして、体の近くを通すイメージというのがあると良いですね。

 

ボールにスイングのエネルギーを伝えるためには
手は体の近くを通過する。

 

そして、手元は低い位置を通過することが
前傾角度を起こさない再現性の高い正しいスイングの形です。

■フォロースルーで腕を伸ばそうとする意識は捨てよう

フォロースルーで腕を伸ばそうと思って使っている人は多いですが
フォロースルーでは腕は伸ばすという意識やイメージは必要ありません。

 

正しいインパクトを迎えることができればフォローでヘッドに引っ張られるように腕は勝手に伸ばされていきます。

 

そのためには、腕を遠くへ伸ばそうとするのではなくて、
クラブが体に巻き付いていくようにスイングしていくと、
フォローでクラブヘッドに引っ張られるように腕は自然と伸ばされていきます。

 

プロはフォローでクラブを担ぐような動きが目立ちます。

必要以上にフォローで大きく腕を伸ばしていくわけではなく、
左ひじが早い段階で適度にたたまれていくフォローが再現性の高い正しい体打ちスイングができた証拠です。

 

ダスティンジョンソン、ジョーダンスピース、ジェイソンデイなど

大きくてダイナミックなフォローではなくコンパクトに左ひじが早めにたたまれていきます。

 

 

クラブが体に巻き付くようにスイングできると、

自然とフォローで腕が伸ばされその後早い段階で左ひじがたたまれてきます。

これによって、飛距離が出る回転力に加えて方向性を殺すことなくフィニッシュをむかえることができます。

 

フォローで腕を伸ばすという意識やイメージは必要ありません。

 

体にクラブが巻き付くようにスイングできたら結果的にフォローでクラブヘッドに引っ張られるように腕が伸ばされていき左ひじがたたまれていくという流れになります。

 

 

最後にあなたが当たり前に80台、70台を出して、周りのゴルファーをスコアーで圧倒して優越感に浸りたい場合は、僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分をメルマガ限定でお伝えしています。
【無料メルマガ】ゴルフど素人がわずか半年でスコアー82を出した最速ゴルフ上達法
あなたの今後のゴルフが劇的に良くなることを保証します^^

 

repoto
スポンサードリンク