スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。

今回もあなたのゴルフの上達の力になれたら幸いです。
今回はフラットなスイングと、アップライトなスイングの違いについてお伝えしたいと思います。

あなたがゴルフ初心者の場合、
「フラット?」「アップライト?」「なにそれ?」って思われるかもしれませんが、スイングに対する知識として頭に入れておいていただけたらと思います。

 

あなたも自分のスイングがどちらが向いているかなど確認していただけたらと思います。

 

 

まず、スイング軌道を大きく分けるとフラットなスイングとアップライトなスイングがあります。

 

 
フラットなスイングはいわゆる横振りですね。

 
アップライトなスイングというのは縦振りですね。

 
これはどうやって決まるのか?

 
ゴルファーの体型とか、腕の長さによって決まると思っている人も多いですが、アイアンの場合最も大きな要素はクラブのライ角にあります。

 
ライ角はシャフトとヘッドがつくる角度のことですが、アイアンを地面に正しくセットしたら、自動的にシャフトの角度が決まって、グリップの位置が決まります。

 

 
そして、背が高く、腕が長い人の場合、上半身の前傾角度が浅くなります。

 
なので、スイング軌道が自然とアップライトになります。

 

 

逆に背が低い人で腕の短い人は上半身の前傾が深くなるので、スイング軌道がフラットになるというわけです。

 
アイアンならまだしも、話がややこしいのはドライバーです。

 

 

ドライバーにももちろんライ角はありますが、

ドライバーの場合はトゥ側を浮かしてセットしても問題ありません。

 

 
なので、トゥ側を浮かせた場合、シャフトの角度が寝ますので、スイング軌道がフラットになります。

 
つまりドライバーのスイング軌道をフラットにするか、アップライトにするかはあなた自身が選べるという事です。

 

 

フラットがいいのか?それともアップライト?

では、このフラットとアップライトの長所と短所についてです。

 
一般的にフラットなスイングはドローが打ちやすいです。

 

 
そして、飛距離も出ます。

 

 
逆にアップライトなスイングの場合は、ミスは少ないですがバックスピン量が多くなって、吹きあがることもあります。

 

 
また、ドライバーの軌道をフラットにすると必然的に前傾角度が深くなりますので、ボールとの距離が遠くなります。

 
なのでスイングのバランスをキープするために、どうしてもスタンス幅が広くなります。

 

 
逆にアップライトの軌道の場合は、前傾角度が浅くなり、ボールとの距離が縮まるのでスタンス幅は狭くなる傾向があります。

 
体を回転しやすいという意味では、アップライトなスイング。

 
飛ばすという意味で考えるならフラットなスイングが向いているというわけです。

 

 

あなたにどっちのスイングが向いているかというのは一概に判断できませんが、いずれにしてもドライバーのスイング軌道というのは、ボールとの距離と前傾角度によって決まるわけです。

 
なので、あなたがフラットにこだわるとか、
アップライトにこだわるとか色々あるかもしれませんが、
まずは色々と試してみて、一番気持ちよくスイングできるポイントを見つけることをおすすめします。

 
では、今回の内容をまとめると
1、アイアンの場合、背が高くて、腕が長い人のスイング軌道はアップライトになる。
2、アイアンの場合、背が低くて、腕が短い人のスイング軌道はフラットになる。
3、前傾角度が深く、ボールとの距離が遠くなったら、ドローボールが打ちやすくなる。
4、前傾角度が浅く、ボールとの距離が縮まったら、フェードボールが打ちやすくなる。

 

今回はフラットなスイングとアップライトなスイングについての違いをお伝えしました。

 
参考にしていただけたらと思います。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、

当たり前に80台、70台でラウンドしたいという場合、
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク