スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回の動画ではハンドファーストで右肩を目標に押し込んで球筋を安定させるための方法についてお伝えしています。

こういった練習は練習場に行って積極的に行ってほしいですね^^

というかこういった練習やっていたら球筋が安定してきましたよ。

 

ハンドファーストで球を捉えるためには、体の動きが止まってはいけない。

体の動きが止まったらインパクトでフリックと言われる、いわゆる手を返す動きが入ってしまうんですね。

こうなってしまったらもうアイアンは左へ引っ掛けることも多くなってくるんですよね。

左へ引っ掛けるから今度は右へ押し出すようにしてプッシュアウトするというパターンになってしまいやすいんですよ。

 

でもそうならないためには手を返さない感覚を養いながら練習することも大事。

だから右肩を目標に押し込んでいくことによって手を返さないという意味でもハンドファーストでインパクトできるように練習していただけたらと思います。

再現性の高いスイングを目指している方ならわかると思いますが、インパクトでフリックしていたら、球は右へ左へ散らかってしまいますので非常にもったいないんですよね。

安定して球を真っすぐ飛ばすことができるという方はフリックをしていないスイング。

つまり再現性の高いスイングができていることになります。

また、手首の使い方にも問題があります。

しっかり右手の甲側のコックをキープしたままダウンスイング、インパクトへと向かっていき、そのまま手首のコックをキープしたまま右肩を目標に押し込んでいきましょう。

 

そうすることによって、インパクトで右腕でボールを押し込んでいく感覚が出てきます。

 

この右腕で押し込んでいく感覚が出て来たら、ラインが出るようになります。

アイアンの正確性が増します。

ラインが出るようになるとピンに向かって一直線に飛んでいく球筋も増えていきますよ。

ぜひあなたが再現性の高いスイングを身に着けたいという場合は、こういった練習を取り入れていってみてくださいね。

 

これからもっとあなたが短期間でゴルフを上達させて再現性の高いスイングを身に着けたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガではサイトには書いていない濃い内容をお届けしていますのでお楽しみください。

 

repoto
スポンサードリンク