スポンサードリンク

お世話になります。

 

ゴルフ侍トシです。

 

スイング中の前傾角度のキープ大事ですね。

 

あなたが前傾角度の維持ができてないというのであれば、動画を撮りましたのでご確認ください。

まず、8割のアマチュアゴルファーは前傾角度をキープできていない。

つまり、あなたが今スイングで悩まれているという場合は、間違いなくこの前傾角度がキープできていない可能性が高いです。

前傾角度をキープできていないので、ダフリやスライスなどのミスが出るわけです。前傾角度のキープを永遠のテーマにすることなく今すぐにでも改善していきましょう^^

今回は「おへそ」を意識して前傾角度を維持するための方法をお伝えしました。

 

おへそをダウンスイングで背後に引くようなイメージを持つことによって、切り返しをゆっくりと始動することにもなります。

そして、ダウンスイングで前傾が起き上がることもなくなりますので、このイメージで前傾角度の維持をぜひチャレンジしてみてください。

これができるようになったらダウスイングから前傾角度が起き上がるということはなくなり、アイアンでのダフリやトップを防止する効果があります。

スイング中に前傾をキープできないとミスショットがかなり出ます。

100切り、90切りができないゴルファーのほとんどが前傾角度のキープができていません。

みんな前傾が起き上がってインパクトしています。

そのため、インパクト後に左へ振りぬくスペースがないのでインパクトからフォローが詰まってしまいます。

まず前傾姿勢をキープするという事は、ゴルフを上達させるためには欠かせないポイントです。

この欠かせないポイントを見逃してはいけませんね。

 

前傾姿勢をキープする意識だけでOK

 

はじめは、とにかく前傾姿勢をキープしようと思ったら、ダウンスイングで今までと比べるととても地面が近く感じます。

伸び上がっていた場合は、地面が近く感じて「これではダフってしまうのではないか?」と思われでしょう。

 

でも、前傾角度をキープすることでダフリません。

逆に前傾角度をキープできずに伸び上がってしまったらそれこそダフリます。

まずダフリが出るメカニズムを知っておくと前傾角度が伸び上がらないということがいかに大事な事かが分かります。

とにかく何が何でも前傾角度をキープするだけでもOKという考えを持ってはじめのうちは練習されてみることをお勧めします。

とにかく前傾をキープすることができれば、インパクトが低く長くなるので「すくい打つ」という悪いクセも改善する効果がありますのでぜひ、あなたが前傾をキープできないという場合は今回の動画を参考にしてみてください。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させてスコアー80台、70台を当たり前に出していける再現性の高い正しい体打ちスイングを作るキモの部分はメルマガ限定でお伝えしています。

僕がゴルフをはじめてど素人からわずか半年でスコアー82を出し、そこから安定して70台でラウンドできるようになったスイングのキモをお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク