スポンサードリンク

ダフりやトップに悩んでいる人。
ショットの球筋が安定しない人。
ロングアイアンが思うように当たらないで悩んでいる人。

このような人は左足一本素振りがおすすめです。

左足一本で立ちテークバックを取ることも難しい状態ですが、
これに慣れてくると強い体の軸を作ることが出来ます。

僕もこの素振りを取り入れてやっています。
もちろん素振りだけでなく実際に左足一本でアドレスしてボールを打つ練習もしています。
最初はバランスを崩して思うようにクラブを振りきれません。

簡単なようでこれが意外と難しい。
始めはバランスを崩して満足のいくスイングできませんでしたが、
それでも振り続けていると1月ほどしてから自分のスイングの欠陥に気づくことが出来ました。
アドレスからテークバック⇒バックスイングと腰や肩を回すことに気を取られすぎていたこと。

ボディーターンで振ることはいいことですが、
あまりにも体を回すことばかりを意識していたのです。
そのために実際にクラブを振る両腕の使い方をいまいち理解していなかったのだと思います。

バックスイングまでは左足一本でもバランスを崩さずにできるのですが、その後のダウンスイングからフィニッシュの手前になるとバランスを崩してしまう。
そして、倒れそうになります。

フォローでバランスを崩して倒れそうになるのはフォローで左腕のたたみが出来ずにいつまでも伸びていたのが原因でした。

バックスイングでは右腕が折りたたまれて左腕が伸びていく。
逆にフォローでは右腕が伸びていき、左腕が折りたたまれていきます。

左足一本スイングで学んだことは軸に逆らわずにスイングするという事です。

腕の使い方が効率悪い使い方をしているとバランスを崩してしまいます。
軸を作ってスイングするためにこの練習はおすすめだと思います。

クラブと手の動きを優先させることが大事です。
体が手や腕より先に動いてしまうとバランスを崩して倒れそうになります。
なので体は後から付いてくるぐらいの感覚をもってスイングするといいと思います。

僕の場合このスイングでボールを打ったり素振りをすることにより、ダフりの原因であるダウンスイングで右肩が落ちてくる癖を修正することが出来ました。
また、右肩が落ちることでドライバーではスライスが出やすくなりますがこれも修正することが出来ました。

さらにロングアイアンの場合は「飛ばしてやろう」と思い右肩が下がってボールを上げに行く癖も修正することにつながったと思います。

左足の一本で素振りをすることにより、
今まで気づいていなかった自分のスイングの悪い癖も修正することが出来るようになると思います。
バランスを崩すことなくよどみなく左足一本でもスイングできるようになるとゴルフスイングが一気に良くなると思いますので実践してみるといいかと思います。

 

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論

repoto
スポンサードリンク