スポンサードリンク

2ebcd7c7a3bd9515faef653f62c8ca0d_s

ゴルフ侍トシです。

 

今回もあなたのゴルフ上達に役立てていただければと思います。

 

 

今日は福岡の大濠公園のスタバからメールを書いています。

 
では今回は体打ちと手打ちが両方混ざってしまっている人のための

ゴルフ上達法についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

結果的に再現性の高い正しい体打ちスイングというのは、手打ちやこれからお伝えする手打ちと体打ちが混ざっているタイプとは異なり、飛距離もそうですが、方向性も安定します。
よくレッスンでは手の説明が入ってくるものがありますが、こういったレッスンとかは手打ちとか手打ちと体打ちが混ざってしまっている人にとってのものであり、そもそも手を使わない体打ちができている人とかそれ目指している人にとっては必要のない動きや意識になります。

 

 

手打ちの場合はヘッドスピードがないのでそんなに大きなミスが出なかったとしても球が全く飛びません。
でも、この手打ちと体打ちが混ざっているタイプでは体もしっかり使っていきますので、その分ヘッドスピードが多くなってスピンが増えたり、またはスイングの回転の中でミスが起こりやすいのでそういった部分がエラーになってしまうわけです。
また、どうしても手を使うためにバランスが崩れやすいというのがあります。

 

コースでショットを打っていてバランスがきっちりとれているのに、球がグーンと曲がってしまったり、練習場ではフィニッシュがしっかりとれるのに、コースではフィニッシュがとれなくなる。
こういったタイプの人は手打ちと体打ちが混ざっているタイプの人ということが言えます。

 

手と体のバランスが整わないとうまくなれません。

 

 

手を使っているとヘッドスピードは少ないですけど、体を使ってくるとヘッドスピードは上がっていくので手首などを痛める可能性が高まります。

 

 

コースになったらフィニッシュが取れずにミスになってしまうという場合は手打ちと体打ちが混ざってしまっている状態ということを気にしてみてください。
では、こういったタイプの人はどうすればそれなりに上達できるのか?

まずこういうタイプは体重移動なんてことを考えることは辞めましょう。

これはクラブが短くて重かった場合はいいですが、今のように大きなヘッドに軽く長くなったクラブでは通用しなくなります。

 

なので、このように最近の大きなクラブに対して、横の揺さぶりを増やしてしまうようなスイングをしてしまったら結果的にクラブが開いてしまいインパクトでフェースが戻ってくれなくなります。

 

なので、振り遅れてしまってプッシュアウトという結果になってしまうんですね。

 

 

そこで、今度は固定しようと思ってワキを締めるなどのアドバイスを入れてくるわけですが逆にこれをしてしまったら余計にクラブヘッドのターンが遅れてしまいます。

 

プッシュアウトや手を返しすぎるというミスにつながってしまいます。

 

 

手打ちと体打ちが混ざっているゴルファーが右から左への体重移動などを意識することはNGです。

 

なにもの良いことはありません。
飛ばそうと思ってスイングすると右へプッシュアウトする結果が待っています。

 

 

逆に今度は動きを抑えるために、ワキを締めて体を固定しようとするとクラブが返ることなく今度もやはりスライスが出ることになります。
昔の重くて短いクラブなら重さを利用して少なくとも手を返すことはできましたが、今のようにどうしても長く軽くなってしまったら体を揺さぶりながら手を返すという事は振り遅れになるだけで何良いことはありません。

 

 

ですので、できる限り体の回転によってヘッドを返していくという事が大切なんですね。

 

 

そして、実はこの方法しかないわけです。

 

 

そこでイメージとしてはまずはグリップエンドをおへそに当てていただきて、そこからおへそを左右に回して上げます。

 

そうすることで、軸の1つで回転することができます。
結果的にヘッドは自然にかえっていきます。

 

 

2本の足を使って、回転に必要な体重移動というのは、回すイメージだけで十分できるということですね。
多くの間違ている女性の場合は頭の重さや目線の動きによってただ移動をしている人がいます。
こういった動きが入っていると全くヘッドは返ってきません。
なので、目線と頭は固定して体の回転でボールを打つということが大切。

このイメージとか意識があることが大切だということを知っておいていただきたいですね。

 

今回は手打ちと体打ちが混ざっているタイプの人がそれなりに上達するための方法をお伝えしました。

 

 

でも、これではやはり再現性の高い正しい体打ちスイングを目指される人やすでに習得されている人には勝てませんね。

 

あなたが、80台、70台を当たり前に出していきたいという場合は、
メルマガ限定でその再現性の高い正しい体打ちスイングを作る詳しい方法をお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク