スポンサードリンク

スライス克服のために長い時間をかけて練習した記憶があります。

もうスライスが止まらなくなったときはどんどんイメージが悪くなります。

アドレスした時点でスライスしてボールが右に曲がっていくのが容易に想像できるようになった時、僕はドライバーを握るのが怖くなりました。

もしかしたらあなたにもこんな経験あるかもしれません。

ゴルフをはじめた当初はボールには当たるのですがスライスが止まらずにかなり悩んだことがあります。

スライスしてしまう原因を洗いざらい解消しようと思っていろいろと試してきました。

なぜボールが右に曲がっていくのか?

一番の原因はなんだと思いますか?

アドレス?バックスイング?ダウンスイング?フォロー?

どこに原因があるのでしょうか?

 

結論から言いますとスライスの一番の原因は左ひじの引けだと思います。

 

左ひじがひけることでクラブフェースが開いてしまうのです。

左ひじがインパクトでひけてしまう。

そのため、フォローが小さくなり背中側に手が回ってしまう。

 

バックスイングで左腕が伸びてフォローで右腕が伸びることができていないので左ひじがひけてオープンフェイスでボールにコンタクトすることになるのです。

左ひじのひけを矯正するために1つ良い練習方法を紹介します。

 

クラブは7番アイアンぐらいを持ってください。

 

そして、通常のグリップではなく右手と左手のグリップに間を開けて握ります。

それからグリップを雑巾だと仮定してください。

そして通常通りアドレスして素振りをしてみましょう。

 

雑巾だと仮定したグリップをバックスイングからトップの位置に行くまで柔らかく絞ってみましょう。

外側に絞るのではなくて内側に絞ります。

 

グリップをぞうきんを絞るように内側に絞りながらバックスイングすることで脇が締まります。

 

この絞りを入れることで脇が締まることと、もう1つ良いことがあります。

それはトップの位置がいつも一定の位置にあがりやすいということです。

 

左手と右手でグリップをぞうきんを絞るイメージでバックスイングすることにより両手の絞り動作が喧嘩し合うためトップ位置が常に一定に定まる。

 

トップの位置であれこれ悩むことがなくなると思います。

 

そして次にダウンスイングに入るわけですが、左ひじがインパクトでひけてしまう人はせっかく両手をしぼってできたトップから絞りを緩めてしまってひじが外に逃げてしまう。

 

そのため、インパクトで左腕が伸びずにひじがひけてしまう。

なので、ぞうきんを絞るようにバックスイングでトップまで行ったら、トップからインパクトまでさらに絞り込みます。

 

つまりバックスイングで一回目の雑巾絞りを行い、今度はダウンで2回目の雑巾絞りを行うというわけです。

 

雑巾で例えるとわかりやすいと思ったので例えましたが、

左ひじがひける一番の原因はインパクトで左腕が伸びきれないことだと思います。

左腕がインパクトで伸びきれないという事は左手の手首に原因があります。

 

ドライバーを握るとスライス。

アイアンを握るとダフり、トップ・・・

何回練習場で打ち込んでもコースに出てこの繰り返しだとさすがにゴルフが嫌になりますよね?

それもみんな間違った左手首の使い方をしているからでしょう。

 

よく左腕をインパクトで伸ばせと言われると思います。

本人は一生懸命伸ばそうと意識しているのに動画で撮影してみたら左ひじがひけて伸びあがってインパクトが多いです。

伸ばそうとしても伸びない左腕。

 

伸ばそうと思っても伸びないわけですから、今まで一生懸命に伸ばそうと思っていた人はもう伸ばそうと考えなくていいです。

 

左腕を伸ばすことを意識するのではなく、左手首を意識してください。

そうすることで左腕はインパクトでかってに伸びてくれて左ひじも引けない左脇の締まったインパクトを実現することが出来るようになります。

 

じゃあ左手首をどうするのかです。

 

先ほどぞうきんを絞るようにバックスイングからトップで1回目。そしてトップからダウンスイング、インパクトで2回目とお話ししました。

この時のポイントですが、1回目よりも2回目の方を強く絞ってください。

そうすることでどうなるか?

左手甲がダウンスイングからインパクトへ向かう時に空を向いて下りてきます。

この左手甲が空を向いて下りてくることが大事。

そして、インパクトでも左手甲が空を向いたままを意識してください。

そのためには2回目の絞りを強くすること。

ダウンスイングで2回目の絞りをするか、もしくはインパクトで2回目の絞りをするか自分にあうタイミングでいいと思います。

 

そして、インパクトも左手甲を空に向けた上体をキープすることができれば左腕は勝手に伸びます。

そして左ひじの引けもでません。

 

結果、左脇がしっかり閉まりインパクトで右手が左手を追い越していくのでヘッドが加速してフェースターンが行われます。

その結果、今まで味わったことのないような勢いでボールが飛び出していくと思います。

 

大抵の人がインパクトのイメージを勘違いしています。

インパクトで左手甲が飛球方向を向くものだと思っているのです。

でもこれだと左ひじの引けはどうあがいても直らないと思います。

インパクトで左手甲は飛球方向ではなくて空を向くが正解だと思います。

 

左手甲が空を向くことで左腕が伸び、左肩が上に切り上がり大きく高いフォローへとつながっていくわけです。

左手甲を飛球方向に向けてインパクトするイメージだと何万球打ってもスライスの恐怖から解放されることはないと思います。

 

正しいインパクトの形を知らないでただひたすら左腕を伸ばす意識で練習に取り組んでも間違った体の使い方をしているので意味のない練習となります。

 

なので冒頭で紹介したように右手と左手のグリップの間を開けて素振りをしたり、実際にボールを打ってみましょう。

そして、ぞうきんを絞るようにバックスイングとインパクトで2回絞ってみましょう。

 

左手甲が空を向いてインパクトを迎えることができれば、しっかり左腕が伸びているはずです。

この練習をして体に動きを覚えこませていきましょう。

そうすると左ひじの引けの悩みは解消されていきます。

結果、ドライバーでのスライスが出なくなったりアイアンではダフりやトップのミスを少なくすることが出来るかと思います。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク