スポンサードリンク

ショットが安定しないという方はオンプレーンスイングが出来てなかったりするわけです。

体とクラブが同調するスイングが出来ていなかったりするのが原因ですね。

 

これはスイング中に手首が余計な動きをしていると考えられます。

手首でクラブを操作してしまうことにより起こります。

ですので手首の余計な動きを抑えるためにもグリップは通常とは逆にグリップエンド側を右手で握ってその握った右手の上を左手で握るグリップ。

いわゆるクロスハンドグリップにします。

 

そして、野球のバットのにぎりと同じように10本の指でクラブを握るベースボールグリップをしてみましょう。

このクロスハンドのグリップとベースボールのグリップの融合によって右手首が固定されます。

そして、スイング中に右手首が動かしにくくなるのです。

また、腕を使うとスイングがしにくいため、アドレス時で腕とグリップを結ぶ三角形を崩すことなく振ることが出来るのです。

こうすることによってクラブを腕とが一体となりオンプレーンでスイングする感覚を養うことが出来るようになるのです。

 

クロスハンドグリップとベースボールグリップを融合した形で10級程度ボールを打ってみると腕とクラブが同調している感覚が養えるかと思います。

 

ショットの方向性が安定せずに悩んでいる方はこのスイングを練習場で試してみるといいでしょう。

 

冒頭でも話しましたが手首が余計な動きをしているとショットの方向性は安定しません。

手元は器用なのでクラブを操作してしまいがちです。

手打ちの人は特に手元でクラブを操作する癖がついているので、このクロスハンドグリップとベースボールグリップを使って腕とクラブを同調して振る練習を行うことがおすすめですね。

 

右手の上に左手をセットするクロスハンドグリップとさらに10本指で握りベースボールグリップにすることで手首の動きを完全にロックすることが出来ます。

 

そして、右腰から左腰までの高さの振り幅でスイングしてみましょう。

 

こうすることによってフォロースルーでクラブの正しい振りぬき方向や、フェースの向きをチェックすることが出来るのです。

また右腰から左腰までのハーフスイングをすることによって体幹を鍛えることが出来ます。

右腰から左市までの高さでスイングすることで終始グリップエンドがおへそを向いたままボールを打つ練習になります。

つまり腕とクラブの動きを同調させてスイングすることにより体幹が鍛えられてまた、それと同時にフェースローテーションをチェックすることが出来ます。

 

これはスイングの基本をマスターするにはもってこいで、ハーフスイングでしっかりボールをとらえることが出来なければいくらフルスイングでショットしてもショットが安定しません。

ハーフスイングはスイングの基本を再確認することが出来ます。

 

練習方法としては単純なので先ほどお伝えしたとおりグリップと通常とは違うクロスハンドグリップとベースボールグリップにして素振りでもいいので行うとゴルフの上達に役立ってくれます。

また、ワンポイントアドバイスとしまして、どうしてもトップスイングが安定しない場合はアドレスでのグリップに原因があると思ってください。

オンプレーンに振るためのグリップができていない場合があります。

 

なのでアドレスではグリップを握ることなく右肩口の横のスイングプレーンにクラブが乗った状態でグリップを作ってみるといいでしょう。

 

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク