スポンサードリンク

ダフリやスライス、そして飛距離不足に悩んでいる方は多いでしょう。

このほとんどの原因として腕と体がバラバラに動いてしまっているのがその原因だと矢野東プロは言います。

 

手元が体の正面から外れてクラブの動きが不安定になってしまうからです。

 

ですので腕と体が同調して動くためにはクラブは握ることなく手のひらでクラブを挟む練習をしてみましょう。

 

クラブを手のひらで破産でバックスイングする練習を行います。

 

そうすることにより手元を使うことができませんので体の回転でしかクラブを上げることができなくなります。

 

少し大変かもしれませんが、この練習を行うと手打ちを解消するヒントになります。

 

実際にボールを打つ時には右手の親指と人差し指を浮かせるようにします。

 

こうすることにより手元が悪さをしないためにクラブの動きを安定させることができると矢野東プロは言います。

 

よくありがちなミスとしては腕が体の回転と同調しないために手先で上げるてしまい、結果的にクラブがスイングプレーンから外れてしまう。

 

これがスイング軌道を狂わせて不安定なスイング軌道になってしまうのでミスショットに繋がってしまうのです。

 

矢野東プロは実際に打つ時には右手の人差し指と親指を浮かせて構えることによって手先でクラブを動かすことができなくしていると言います。

 

また、切り返し以降はその2本の指を普通にグリップしてボールを打っていいと矢野東プロは言います。

 

手打ちで悩んでいるのであればこの練習はおすすめだと思います。

 

実際に僕も試してみました。

 

自分では手打ちでないと思い込んでいたのですが、この練習を行ったことにより、「あれ?実は手打ちになっていたんだな」と気付かされました。

 

 

腕と体が同調してスイングしている感覚を養うにはてっとり早い練習方法だと思います。

 

クラブを握っていないため、手先でクラブを操作することができません。

 

また、クラブを握っていないことでトップの位置でクラブが落ちないように支えることで精いっぱいです。

なので余計な操作ができないので腕と体が同調する感覚が分かるのです。

実際に以下画像のように矢野東プロはこの練習を取り入れていると言います。

et4t4gr

手打ち解消に即効性の高い練習方法なので、手打ちで悩まされているゴルファーは「手のひらでクラブを挟む」バックスイングの練習をしてみましょう。矢野東プロの手打ち解消の練習から得られるヒントがほかにもあるかもしれません。

 

これは人それぞれ感覚は違うと思いますが、共通して言えることは手元でクラブを操作できなくなるということです。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク