スポンサードリンク

お世話になります。

ゴルフ侍トシです。

 

再現性の高い正しいスイングと作るためには、こういう事も大事なんですよね。

この動画では振り遅れになってプッシュアウトスライスが出てしまうという場合の人も見てほしいと思う。

振り遅れてしまう原因が肩の回転にあるという場合もある。

というか、腰を回そうとすればするほど、うまく行かなくなる人が多い。

ゴルフスイングというのは腰の回転を意識するのではなくて肩の回転を意識した方が上手くなりやすい。

というか、ゴルフ初心者の場合は肩の回転を意識してスイングと作っていく方が上達が100%早いのでお勧めします。

動画でお伝えしているのは、まず肩の回転を整えるためのドリルも紹介しています。

クラブを首筋に当てて左肩をバックスイングでアゴに当てて、今度はダウンスイングで右肩を顎に当てるという動きを交互に行ってみてほしい。

こういう基礎的なドリルとかはかなり軽視されがちで、誰も練習場で真剣になってやっている人を僕は見たことがないのですが、こういった基礎練習を真剣に継続する人がゴルフが上達していく。

だから、あなたも騙されたと思ってやってほしい。

 

肩の回転が整ったら、自然と腰も正しく回転する

多くの人が腰の回転ばかりを意識してしまいがちですが、実は肩の回転が整ったら腰も自然と正しく回転してくれるようになるんですよ。

これに気づいていない人ってかなり多い。

肩の動きに注意を払ったことがない人ってかなり多いと思う。

でも、ダウンスイングで左肩とアゴが離れていくように肩を正しく動かすことができると腰も自然と正しく動いてくれていることを後から実感することができる。

 

腰を回そうとしなくても勝手に回っていく。

自分が今まで腰をどう動かそうか?どう回そうか?切り上げるのか?など迷っていた場合、この肩の動きに注意を向けることによって意外と簡単に腰の動きに悩んでいたことが解決。

 

腰は勝手に動くから自分から動かそうと意識しないこと

あなたが手打ちゴルファーになりたくないという場合、腰を回転させるという意識は今日から捨ててください。

一旦捨ててください。

腰を回そうと意識するとほとんどの人がスイングを難しくしてしまいます。

プロは幼いころから体でスイングを覚えているので、腰を回しましょうなどと言いますが、一般のアマチュアが大人になってからゴルフを始めて腰を回すことばかり気を取られているといつまでたっても再現性の高いスイングを作ることはできないというのが現実です。

 

僕もこの腰を回すという言い伝えをゴルフを始めた当初忠実に守ってきたつもりでしたが、全然スイングの正しい動きを体で覚えることができませんでした。

なので、あなたが本気でゴルフを上達させたいというのであれば腰ではなくて、肩を意識してくださいってことです。

 

最後に、短期間で一気にゴルフを上達させて当たり前に80台、70台を出していきたいという場合、その詳しい方法はメルアが限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

再現性の高い正しい体打ちスイングを作る方法になりますのでお楽しみに。

repoto
スポンサードリンク