スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。
スイング中に軸がブレてしまったら本末転倒ですよね。

再現性の高いスイングをするためには軸がブレないということが絶対条件になります。

昔の僕は切り返しからダウンスイングで左サイドへ軸ブレしてしまっていました。
いわゆるスエーですね。
このスエーの動きを誘発してしまっていた原因として、左足の踏み込みとか体重移動とか左へ乗っていくとか、腰を左へ平行移動するなどと言ったことを意識していた結果でもありました。
結果的に左へドーンと乗ってしまっていたことが当時は良いことだと思っていましたが、ただ軸が左へ移動してしまってスエーしているという事だけでした。
それから左足の踏み込みとか体重移動などは意識しなくなりました。
軸がブレないスイングをすることがショットの再現性を高めることにつながることに気づいてからは無駄な体重移動の意識など必要がないという事が理解できました。
ちなみに、こんな練習も軸ブレを防ぐ効果がありますので、実践してみてください。

↓↓↓

こういった練習を行っていくことによって、左へ体が突っ込まないという感覚を体で覚えていくことをお勧めします。
また、あなたがスエーするという癖や意識しても良くならないという場合は、右足1本で立って左足は完全に浮かせて1本足でボールを打ってみるのもいいですよ。
こうすることによって、絶対に左サイドへ突っ込んでいかなくなるので、軸が安定し始めます。
色々とスイングを改善するためには考えることや取り組んでいかないといけないことってありますが、悪い動きを矯正するための正しい動きを体に覚えこませていけば、誰でもゴルフは上達していくことができます。

 

僕が思うには再現性の高いスイングを作るためには、こういった練習を行う必要があります。
なにげに練習場でやってみると楽しくなったりもしますし、またたまに普通に打ってみると感覚が違っていい球が出るようになったりするので、効果を実感で来たら継続する意味があるという事が分かります。
しかし、何も考えずにただひたすらフルショットばかりをしていても意味がないと思います。
それも悪い動きを繰り返している場合は、無駄に悪い癖を体に染み込ませているようなものなので、本人はそれに気づいていなくても、ボールを打つたびに無駄を繰り返しているのと一緒だと思います。

 

そういうところがゴルフが難しいと言われる部分でもあります。
もちろん誰でもミスショットはあります。
プロでも上級者でもミスショットはあります。
ただ、そのミスショットもアマチュアからすると、「それでミス?」というようなことになります。
こういう練習はやったもん勝ちと思って実践してみてくださいね^^

最後にあなたが短期間でゴルフを上達させて当たり前に80台、70台でプレーできるようになりたいというのであれば、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ
いますぐスコアーを8つ縮める秘訣をプレゼント中ですよ^^

repoto
スポンサードリンク