スポンサードリンク

tonndemo

ゴルフスイングでスライスが出るというのは
ほぼ初心者ゴルファーの8割が体験することだと思います。

 

もちろんある程度ゴルフをしてきている人でも
スライスが治らないという方はたくさんいます。

スライスする原因が分かっていないという人も中にはたくさんいます。

どうしてスライスしてしまうのか?

まずはスライスしてしまう原因を自分が理解できているか?

これによってスライスの原因を克服し、ストレートやドローボールが打てるようなります。

 

なんでも原因が分からずに、やみくもに練習場で球を打ってもスライスは治りません。

 

むしろ、スライスの原因が分からずにゴルフを続けていると
スライス打ちが体に染みついていってしまうので余計にスライスを治すのに時間がかかってしまいます。

 

今回はスライスの原因について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

まずスライスというのはボールとクラブフェースが当たる瞬間をインパクトと言いますが、
このインパクトの時にクラブフェースがボールに対して開いた状態で当たってしまっているというのが言えます。

これはある程度ゴルフをされてきている人にとっては当たり前に理解できることだと思います。

フェース面がボールに対して開いて当たってしまうというのは
つまりこういうことですね。

korenara

このように単純にクラブフェースが

ボールに対して開いた状態で当たることによって

ボールは右へ曲がっていくスライスになります。

 

つまり、ボールに対して

クラブフェースを直角(スクエア)に当てることができれば

スライスせずに飛球方向に向かってボールは真っすぐに飛んで行ってくれます。

これはボールとクラブフェースが当たるインパクトから
考えたときに、スライスする原因というのは、

フェースが開いてボールに当たっているということが答えになりますが、
このフェースが開いてボールに当たってしまう原因となっているのがスイングに問題があります。

 

ここからはスライスの原因になってしまう。

 

インパクトでフェースが開いて当たるスイングについて解説します。

 

結論から言いますと、
スライスしやすいスイング(手打ち)とスライスが出ないスイング(体打ち)の2つに別れます。

 

多くの人がスライスしている原因となっているのが手打ちだからです。

 

手打ちというのはスライスが出やすいスイングです。

 

では、なぜ手打ちがスライスが出やすいスイングなのか?

 

それは、アドレスでボールに対してクラブフェースをスクエア(直角)に構えるまでは誰もができることですね。

 

あなたもある程度ゴルフをされているのであれば当たり前にできることですね。

 

もちろんゴルフ初心者であってもこれぐらいは誰でもできます。

 

 

しかし、アドレスからバックスイングに移行します。

 

このバックスイングの時に、スライスしやすい手打ちになってしまっている人がほとんどなんです。

 

 

手打ちというのはバックスイングで腕、もしくは手を使ってクラブを上げていきます。

 

そもそもゴルフスイングというのは見た目がクラブを腕や手を使って上げているように見えますので、

 

この目で見たイメージをそのまま自分のスイング中に意識して
バックスイングを行っていくことで、バックスイングで腕や手を使ってクラブを上げていくものだと勘違いを起こしてしまうわけです。

 

しかし、バックスイングでこのように腕や手を使ってクラブを上げていくと

トップに来たときには自分の最大捻転を無視して必要以上に腕を上に上げて振りかぶってしまって体と腕、クラブ

がこの時点で同調が断たれてしまって

腕を使ってクラブを振り上げた分だけ

ダウンスイングでも腕を使ってクラブを振り戻してこないことには

クラブフェースがインパクトでスクエアに戻ってくれなくなるのです。

 

 

何か難しいことを言っているなー・・・とあなたは思うかもしれませんが

ここはスライスを治すためには必ず理解していただきたい部分ですので

しっかりと理解を深めていただきたいと思います。

 

ゴルフスイングというのは前傾してアドレスし
スイング中もこの前傾姿勢を崩すことなくスイングしていきます。

 

先ほどお伝えしたように、一見腕を使ってクラブをバックスイングで上げているように見えるのですが、
前傾しているため、バックスイングで体を回転させていくと
自然と腕とクラブというのは上に上がっていきます。

 

これを、「クラブを上げている」のではなくて、「クラブが上がっている」という認識がまず必要なんです。

 

例えば水平素振りをしてみると分かる通りですが、
直立して目の高さにボールがあると思って
そのボールを打つ動作をしてみるとどうでしょう?

 

直立していますので、体は地面に対して垂直です。

 

そして、目の高さにボールがあるとイメージして
そのボールを打つようにスイングするとバックスイングで肩の高さより上に手元が上がることはないです。

 

 

直立して目の高さにあるボールを打つイメージで水平素振りをすると
バックスイングで体を右へ回転させて、そこから球を打ちにいくとなると
自然と手元の位置というのは肩の高さぐらいでそれ以上は上に振り上げるような動作はしませんよね?

 

そして、目の高さのにあるボールを打ってからフォローも

手元は肩の高さよりも上に振りぬいていくことはないですよね?

 

そして、腕や手元というのは体の幅から外れないようにスイングしているのが分かると思います。
どうでしょう?

 

 

腕や手元を肩の高さ以上に振り上げるような振り方をすると
目の高さにあるボールを打つことが難しくなりませんか?

 

 

不自然な動きになるのが分かると思います。

 

このように直立して目の高さにあるボールを打つイメージで
水平素振りをしていると体幹が右から左へと回転している中で
腕や手元というのはその回転していく体の幅の中に自然と納まっていることが分かります。

 

これは何を意味するのかというと、
体を使ったスイングをしている
つまり体幹を使って体を回転しているわけで、

決して打てや手元を使って球に当てに行っていないわけです。

 

つまり体打ちスイングであるということが言えます。

 

 

では水平素振りになれてきたら

今度はどんどん前傾していってみましょう。

 

前傾をじょじょに深めていき、地面にある球に普段通りアドレスしてみましょう。

さて、ここであなたはどう思いますか?

 

水平素振りをしていたため、バックスイングしたときに

クラブを腕や手を使って上げるという意識が自ずと消えているのが分かると思います。

 

そして、そのままバックスイングをすると腕や手元を使ってクラブを上げないので
いつもよりもトップの位置の手元が低い(肩の高さぐらいまでしか上がらない)のが分かると思います。

 

 

実はこれが正しいトップの位置になります。

 

たぶんあなたは物足りないはずです。

 

今まで腕や手元でクラブを振り上げていた場合、トップの位置が低く感じるはずです。

 

でも、これが正しいトップの位置なんです。

 

ゴルフスイングというのは遠心力が働きます。

 

バックスイングでも遠心力が働きます。

 

 

腕や手元を使わずに水平素振りの要領で前傾しているアドレスの状態から

バックスイングをすると腕は肩の高さぐらいまでしか上がってきません。

 

 

しかし、クラブには遠心力が働いていますので、自分では肩の高さぐらいまでしか上がっていないように思えても、実際は写真や動画で確認するとクラブの遠心力に引っ張られ
肩の高さよりも手元が上がっているのが確認できます。

 

人それぞれ体の柔軟性がありますので、

一概にトップの位置は「ここ!」というのはありませんが、
腕や手元というのは、肩の高さぐらいまでしか上がっていないように自分では感じても
実際はもっと上がっている(適正なトップの位置にきている)のが確認できます。

 

 

これがスライスの原因となるバックスイングを腕や手を使ってクラブを上げていくというエラーを克服するために重要なポイントになります。

 

逆に腕や手元を使ってクラブを上げている場合は、

その時点で体と腕の同調が経たれてしまうと言いました。

 

同調が経たれてしまったらどうなるのか?

 

ダウンスイングで体の回転(下半身から切り返して)でインパクトまできたときに
クラブフェースが開いているのが分かると思います。

 

これはスローモーションで行ってみると分かります。

 

バックスイングですでに腕を使ってクラブを上げている場合は、
その腕を使った分、体と腕の同調が断たれてズレが生まれますので、
ズレた分を今度はダウンスイングで取り戻すために
また腕を使ってクラブを振り下ろしてこないことには
インパクトでクラブフェースというのはスクエアに戻ってきてくれないのです。

 

 

そして、多くの人がこの腕を使ってクラブを振り戻してくる
手打ちスイングになっているため、スライスが出る確率が非常に高くなってしまうのです。

 

 

腕を使ってクラブを振り下ろしてくるため、体の回転と腕を振り下ろしてくるタイミングの両方がマッチしないことにはクラブフェースはスクエアに戻ってきてくれません。

 

 

そのため、腕を振り下ろすタイミングが遅ければ当然クラブフェースはスクエアに戻る時間が足りずにフェースは開いてインパクトしてしまいます。

 

逆に今度は腕を振り下ろすことを意識して体の回転を止めるような動きをすると

フェースが被ってインパクトを迎えて左へ引っ掛けるチーピンが出ます。

 

腕を振り下ろすタイミングを体の回転がドンピシャリでマッチしないことには
まともに真っすぐに飛んで行ってくれないのです。

 

だから、手打ちスイングはスライスする確率が高くリスクが高いスイングであるということが言えます。

 

よくスライスの原因はダウンスイングに問題があるとして

 

ダウンスイングを変えようと試行錯誤されている人が多いです。

 

でもですね。

 

ダウンスイングではなくバックスイングを腕や手を使って上げていると
いくらダウンスイングに意識を向けたところでスライスする確率の高い手打ちスイングというのは克服できません。

アウトサイドインの軌道でスライスする。

 

これも先ほどお伝えしてきたことを踏まえて考えてみると分かると思いますが
なぜアウトサイドインの軌道になってしまうのか?

 

根本の原因はバックスイングで腕や手を使ってクラブを振り上げているからです。

 

そして、トップから腕や手元を使ってクラブを振り下ろしてこないことには

インパクトでフェースがスクエアに戻ってくれません。

 

そのため、腕を使ってトップから振り下ろし、そこから一生懸命手を返そうとしてしまいます。

 

これがアウトサイドインの軌道になってしまうのです。

 

では逆に、今度はトップから腕や手を使わずに体のターン。

 

つまり下半身からダウンスイングをスタートしてみましょう。

 

するとアウトサイドインの軌道は克服できますが、

今度はインパクトでクラブフェースが開いてボールに当たりプッシュアウトスライスが出ます。

なぜか?

 

同じようにバックスイングで腕や手元を使ってクラブを上げているからです。

 

体と腕とクラブの同調が断たれてしまっているズレがあるからです。

 

なので、下半身からダウンスイングをスタートさせることができても
クラブフェースは開いてインパクトしてしまうわけです。

 

バックスイングでズレてしまったものを修正しないまま下半身からダウンスイングをスタートすると同じようにスライスしてしまうのです。

 

インサイドからダウンスイングできていたとしても、スライスしてしまうのです。

 

だから、どうしてもインパクトでフェースをスクエアに戻そうと手をこねてしまいます。

 

手をこねてしまいますので、同じく手打ちになってしまい結果的にスライス。

 

そして、引っ掛けのチーピンという方向性が安定しない手打ちスイングに悩まされます。

 

 

あなたはもうお気づきだと思います。

スライスの原因というのは

見落としがちなバックスイングにあるということを。

 

そして、バックスイングで腕や手元を使ってクラブを振り上げる行為は
手打ちになるということを。

 

そして、いつまでたってもスライスの確率が高いスイングから逃れることができないという事を。

 

ここまで読んできて
あなたはこう思うでしょう。

 

水平素振りをしてみたあなたは。

「あれ?クラブって上げていく意識は必要ないのでは?」

正解です。

「クラブって勝手に上がっていくものじゃない?」

その感覚正解です。

 

今まで腕や手元をムダに使ってクラブを上げていたんだ・・・

正解です。

 

「ということはゴルフスイングって腕を使う意識って全く必要ないのでは?」

その通り!

正解です。

 

バックスイングで体の体幹だけを使って

おへそを右へ向ける動きだけで

胴体に腕というのは同調して動いていきます。

 

バックスイングは胸を右へ向けるだけ。

 

おへそを右へ向けるだけ。

みぞおちを右へ向けるだけ。

ただ、これだけなんです。

 

そうすることで

腰というのは自然と45度回転し、肩は90度回転してくれます。

 

腕を振り上げる意識とかクラブを上げる意識とか全く必要がないのです。

 

腕というのは何もする必要がないのです。

 

手というのは何もする必要がないのです。

後は下半身からダウンスイングをスタートするだけ。

 

上体は何もしない。

 

するとインパクトで腰は45度ほど開いて

クラブフェースはスクエア(ボールに対して直角に)に戻ってきてくれます。

 

結果的に、ボールは飛球方向に向かって真っすぐ飛んでいきます。

 

スライスすることなく飛んでいきます。

 

スライスするというのは

腕や手を使ってバックスイングをしているから。

 

そしてオーバースイング(シャフトが飛球方向にクロス)になってしまっている方などはこの典型です。

 

ほとんどの人がオーバースイングになっています。

 

あなたはもうお分かりだと思います。

 

オーバースイングになってしまうのは、

バックスイングで腕や手を使ってクラブを上げていくからです。

 

アウトサイドイン軌道でスライスする。

 

インサイドからダウンスイングできてもスライスする。

 

カットスライスとプッシュアウトスライス。

 

スライスの原因というが分かれば、この2つのスライス球が出る原因も明確になります。
そして、スイングの何を修正すればいいのか?

 

ダウンスイングではないのです。

修正するのはバックスイングです。

 

バックスイングを修正しないことにはダウンスイングも修正できないのです。

 

あなたがスライスに悩まれているのであれば、

今回の内容は必ず理解していただきたいと思います。

 

 

スライスと手打ちというのは非常に相性がいいです。

 

体打ちとスライスというのはとても相性が悪いです。

 

体打ちというのはスライスが出ないスイングなんです。

 

スライスの原因を理解するには

大きなヒントになる水平素振りをあなたもぜひやってみてください。

 

腕というのはバックスイングで決して振り上げない。

 

クラブというのは決してトップに向かって腕や手を使って上げていかない。

 

水平素振りをしてそのまま前傾してバックスイングをしてみると分かります。

 

クラブというのは勝手に上がっていくので適正なトップの位置に納まってくれる。

 

今までオーバースイングになっていた人にとっては

 

トップの腕や手元の位置が低く、物足りないとか上がっていないのでもっと上げないと思うかもしれません。
でも、違うんです。

 

それがあなたの適正なトップの位置なんです。

 

それ以上腕や手元を使ってクラブを上げようとしないでください。

 

そうしないことにはあなたのスイングからスライスがなくなるということはこのさきずっと訪れることはないでしょう。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させ

再現性の高い正しい体打ちスイングを身につけ

80台、70台を当たり前に出していきたいという場合
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

この機会に一気に周りのゴルファーをスコアーで圧倒し

ゴボウ抜きして優越感に浸ってみませんか?

repoto
スポンサードリンク