スポンサードリンク

こんばんは。
ゴルフ侍トシです。
今回はスライス克服に必要不可欠なポイントとして、
左手首のコックや右手首のコックについてお伝えしています。

 


動画撮影しましたのでご確認ください。

 

トップで左手首が甲側に折れているとスライスします。

 

これはあなたも分かると思いますが、

それは左手首が甲側に折れることによって

クラブフェースが開いてしまいますので、
ダウンスイングでクラブフェースを閉じる動きが必要となり、

手をこねるインパクト(手打ち)になってしまいます。

 

もちろん前腕の旋回によってローテーションできるのであれば、
インパクトでフェースを閉じることはできますが、多くの人が前腕のローテーションができないので、右手首を手のひら側に折れる間違った動きをしてしまいます。
これが間違った手を返す動きになります。
右手首を手のひら側に折ってしまったら左手首はインパクトで甲側に折れてしまいます。
だから、これではすくい打ちになってしまいます。

 

フェースを閉じることができずにインパクトしたらスライス、
そして、手首をこねてフェースが被ってインパクトしてしまったら
今度はひっかけのチーピンが出ます。

 

つまりトップで左手首が甲側に折れてしまっていると

右へ左へと球筋が安定しません。
スライスしたりひっかけのチーピンが出てしまったり

色々なミスショットに悩まされてしまうわけですね。

 

なので、スライスを克服するためには

トップで左手首が甲側に折れてしまっていないかをご確認ください。

 

 

これは再現性の高い正しい体打ちスイングを作るために基本となる部分です。
僕もスライスが直らなかった昔はこのようにトップで左手首が甲側に折れてしまっていました。

 

なので、左手首が甲側に折れないトップを作るために

アドレス⇒テークバック⇒バックスイングと
正しい動きができているかどうかを確認してみてください。

 

正しく動けている場合はトップで左手首は甲側に折れずに

どちらかというと手のひら側に折れているのを確認することができますよ。

 

また、右手は出前持ちの形になります。

 

これが正しいトップでのクラブの納まりを表す指標になります。
トップで左手首が甲側に折れてしまったらオープンフェイス。

フェースが開いている状態を意味します。

なので、そのままダウンスイングで手を使わないことには
クラブフェースをスクエアに戻すことができないので
嫌でも手打ちになってしまうのです。

これはゴルフ初心者やスライスが直らずに悩まれている方にもっとも多い典型的なパターンです。

 

まず再現性の高い正しい体打ちスイングというのは、

基本となるアドレスの形から整えていくことが重要です。
アドレスが大切と言われるのはこういった部分の悪い動きを修正する効果もあります。

スライスが直らないという場合

こういった部分を見落としてしまっていないかを確認してみてください。

動画でお伝えしていることをもとに練習場でスイング動画を撮影して
トップで左手首が甲側に折れていないか?を確認してみてくださいね。

 

スライスが出る要素は他にもありますが、

アウトサイドイン軌道。
そして、フェースオープン。
アウトサイドインの軌道を気にされる前に

フェースが開いていないか?

これを先に意識して修正する方が早い段階でスライス克服の近道になります。

 

 

インサイドからダウンスイングできても
フェースが開いていたら結局スライスします。

フェースオープンになっていないか?というのは
スライス克服には欠かせないポイントになりますので今一度ご確認ください。

 

最後に
あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前にスコアー80台、70台を出していきたい場合、
その詳しい内容はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

スライス、ダフリ、トップ、シャンク・・・・
さまざまなミスショットを克服できるスイングを短期間で身に着けることができる方法です。

僕がゴルフをはじめてたったの半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分をお伝えしていますのでお楽しみに。

 

 

repoto
スポンサードリンク